本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ぐりとぐらのおおそうじ

雪に閉ざされた長い冬が終わった春の朝、ぐりとぐらが、窓を大きく開けて朝ごはんを食べていると、なんと家中ほこりだらけ! 「今日の仕事は、大掃除」と2ひきは張り切りますが、ほうきもはたきも雑巾も、すり切れて使いものになりません。そこで、ぐりとぐらは、ぼろ布を体中に巻きつけて、自分たちがほうきや雑巾になることにします。大掃除もぐりとぐらにかかると、こんなにダイナミックに楽しくなります!

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 2002年02月01日
ISBN : 978-4-8340-1796-0
シリーズ ぐりとぐらの絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
    • セット
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

あなたへのおすすめ

  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
    • 限定
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(4件)

  • ぐりとぐらのシリーズがとても好きで買いました。とてもたのしく、心があたたかくなる本でした。眠る前にはなるべく絵本を読んでやろうと思っています。キラキラした目で絵本を見るわが子を見ると、こちらもうれしくなります。

    ママたんさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • いつもお外に出かけていって、遊んだり冒険しているぐりとぐらが、ずっと家の中にいる珍しいお話で新鮮です。そうじ道具がダメだから、ボロを着て走り回ればいいというアイデアが素敵でした。大きな卵を持って帰れないなら、ここで料理をすれば…という初回作にも通じますよね。子どもがもう少し大きくなったら、大そうじの時に真似させてみようかな(笑)

    高木善啓さん

  • ぐりとぐらシリーズはいろいろとあると思うんですが、子どもにはなんとなく読んでいた記憶が。今回の本は、2回3回と続けて読んでほしいとせがまれて、絵の描写もかわいくて、いっぱい着込んで全身でそうじするところがおもしろかったらしく、喜んで笑いながら聞いていました。この後も何回も読み聞かせる事になると思います。

    イロさん

  • ぐりとぐらシリーズが大好きで、いくつかもっています。私の小さい頃からある「ぐりぐら」がまだつづいていると思うと、嬉しくなります。

    ゆっちゃんさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。