本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ちいさな ろば

ちいさなろばは、昼間遊ぶときも夜眠るときもひとりぼっちです。クリスマスイブにプレゼントを配る手伝いをしたろばに、サンタクロースは、「あしたの朝、なにかがおまえを待ってるよ」と言います。クリスマスの朝、ちいさなろばを待っていたものは……。 『こすずめのぼうけん』『黒ねこのおきゃくさま』など、子どもの心をとらえるお話の名手、エインズワースの原作が、格調高い訳文と絵で、美しい絵本になりました。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 2002年11月15日
ISBN : 978-4-8340-1893-6
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(3件)

  • 昼間遊ぶときも、夜寝るときも、ひとりぼっちのちいさなろば。クリスマスイブにプレゼントを配る手伝いをしたろばに、サンタクロースがくれたものは・・・といった内容なのですが、素朴で温かみがあって、ろばがとっても愛しい存在に感じちゃいました。サンタクロースの手伝いを一生懸命頑張るろば。そしてそのろばの前にクリスマスの日にあらわれた真っ白なロバ。白と黒のコントラスな感じが何とも素敵でした。息子も母親が気に入って読んでいたせいか、お話にもよく耳を傾けていて、「ろばも人参が好きなんだね。2本あってよかったね」などといっておりました。

    さやぽん☆さん

  • 子どもの頃、大好きでぼろぼろになるまで読んだ絵本です。子ども向けのお話にしては、とても静かなトーンでストーリーが進んでいきます。そして、ヨーロッパのクリスマスの雰囲気が伝わってくる絵も本当に綺麗なんです。私はサンタクロースを信じていたので、自分のところにもこうしてプレゼントを運んできてくれる、と思うととても幸福で暖かい気持ちにつつまれました。最後に、ちいさなろばは素敵なプレゼントをもらうことになるのですが、それは読んでのお楽しみです。

    くららさん

  • 真紅の表紙とタイトルだけを見て、これがクリスマスの絵本であることを誰が想像できるでしょうか。これほど地味な体裁の「クリスマス絵本」は見たことがありません。おはなしは、雪の降る中「ちいさなろば」がひとり駆け回る寒々しい場面から始まります。私が一番好きなのは、朝日を背にした「しろいろば」が登場する場面です。一面の銀世界から放たれる光。思わず目の周りが痛くなるような眩しさがあります。表紙は、サンタクロースが纏ったふかふかの赤い洋服を表しているのでしょうか?

    リソーさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。