本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

わにわにのおふろ

ワニのわにわにはおふろが大好き。おふろ場にやってきて、蛇口をひねってお湯を入れ、お湯につかっておもちゃで遊びます。せっけんのあぶくをとばして遊んだあとは、シャワーをマイクに歌までうたうのです! おふろから出ると、ちゃーんとタオルで体をふきます、“ぐにっぐにっぐなっぐなっ”っとね。少し不気味さの漂う木版のわにわにの、存在感、迫力感。子どもたちを熱狂させたわにわにが、ハードカバーになって登場です!

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 24ページ
サイズ : 22×21cm
初版年月日 : 2004年10月15日
ISBN : 978-4-8340-1970-4
シリーズ 幼児絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • グッズ

    • グッズ

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(8件)

  • 4ヶ月の子供にはまだ早いかもしれませんが、自分も絵本が好きでしたし、現在も本が好きなので読みきかせをしています。この本のタッチが子供にどうかはまだ反応が薄いように思いますが「ぽくん」「ずるずり」「ぷー」などの繰り返しの、特に破裂音は好きなようで笑ったりすることが多いです。他の本でもその傾向があります。ストーリー的にはお風呂とワニという組み合わせがおもしろく、シュールだけどなんだか可愛いワニが気に入っています。版画なのでしょうか?そこもワニっぽさがでていて好きです。子供が成長した時にどう感じるかきけるのが楽しみです。

    田中 昌美さん
    お子さんの年齢:0才

  • 子どもの頃大好きな絵本でした。何度も読んで、妹に読み聞かせしてました。実家に帰省した際、原画展に参加しました。20歳になって改めて読みましたがやはり大好きな絵本だと実感しました。子どもができたら、読んであげたいです。絵本って夢があってステキですね。

    ほりかなさん

  • 孫の保育に行った時、保育所にたてかけてあり、おもしろそうな表紙ですぐに読みました。孫と一緒におふろに入った時、わにわにそのものが孫達でほほえましく読みました。楽しい絵本です。

    プリンちゃんさん
    お子さんの年齢:2才

  • わにわに…その響きが何だか心に残ってしまう。「わにわには…」と言いたくなる。何ともいえぬこの表情。う~ん、たまりません。

    かおるさん
    お子さんの年齢:3才

  • 「え~こわい~」と初めてこの絵本の表紙を見た時の衝撃。でも、それはページをめくるたびにどんどん気持ちが変化したのを覚えています。なんといってもお気に入りのページは桶を被って、シャワーを片手に歌いだす所。あのこわそ~なわにわにが、愛おしくなる瞬間。もちろんこれは園児に読んでも同じような反応がありました。わにわににこの絵本で一目惚れ。もちろん他のシリーズも持っていますが、一番好きなのは「おふろ」。小風さん、山口さんにもお会いし、ますますわにわにが大好きになりました。

    pokapokaさん

  • この絵本に出会ってもう何年もたち、当時幼稚園生だった息子はすでに10歳に。読む本もすっかり高学年っぽくなってしまいましたが、「わにわに」はいまだに愛読書です。お風呂に入ると「うりうりうりうり、お~いぇぃ~!」と歌い、体を拭くときは「ぐなぐな」動きます。小さいころに良い絵本に出会うということは、家族にとって本当に幸せなことですね。これからもどんどんシリーズが増えるとうれしいです。

    どんぐりまなこ。さん

  • 我が家では、「普段読む用」と「大事にとっておく用」の2冊の「わにわに」がある程の人気者です。待望のハードカバーが出て、とても嬉しいです。主人公「わにわに」は、とってもリアル。擬人化されて服を着ているわけでもないし、かわいくデフォルメされているわけでもない。緑でゴツゴツして凶悪そうな巨大なワニそのものです。なのに、何故かだんだんかわいく見えてくるところが、実に不思議な絵本だと思います。子どもたちのお気に入りは、タオルの上で「ぐにっ ぐにっ ぐなっ ぐなっ」とのたうって体をふくシーン。その姿は、おぞましい爬虫類そのもの。なのに、なんだかすごくユーモラス。わにわに、大好き!

    うおざさん

  • わにわにの、おでかけ。が気に入っている娘を連れて家族で木城絵本の郷に行って、小風さん、山口さんにお会いしてサインまで頂いた家族の宝物の絵本です。お風呂が大好きな娘は、わにわにがシャワーで歌っている場面が特にお気に入りで”うりうりうりうり、おーいぇい!!”と洗面器をかぶって遊んでいます。今年は”おおけが”が出版されるということで家族で楽しみに待っているところです。

    桃花母さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。