本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

わにわにのおふろ

ワニのわにわにはおふろが大好き。おふろ場にやってきて、蛇口をひねってお湯を入れ、お湯につかっておもちゃで遊びます。せっけんのあぶくをとばして遊んだあとは、シャワーをマイクに歌までうたうのです! おふろから出ると、ちゃーんとタオルで体をふきます、“ぐにっぐにっぐなっぐなっ”っとね。少し不気味さの漂う木版のわにわにの、存在感、迫力感。子どもたちを熱狂させたわにわにが、ハードカバーになって登場です!

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 24ページ
サイズ : 22×21cm
初版年月日 : 2004年10月15日
ISBN : 978-4-8340-1970-4
シリーズ 幼児絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • グッズ

    • グッズ

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(23件)

  • お風呂が嫌いでしたが、わにわにのおふろを読んでからお風呂が好きになり、お風呂の中でもわにわにのおふろを覚えて、お話してくれる様になりました。

    えりさん
    お子さんの年齢:3才

  • ずっと気になっていた本で、書店で見つけた時に中をパラパラ立ち読みをして、やっぱりおもしろいので、娘の2歳のお誕生日のプレゼントで買いました。初めコワイ…コワイヨ…って言っていた娘ですが、読みすすめていくとだんだん本に近づいて、そのまま私の横にちょこんと座り、一緒に楽しんでいました。

    おかあさんさん
    お子さんの年齢:2才

  • わになんて怖い!悪そうなやつが出てきた、と思ったらノリの良いわかるやつじゃーん、かわいーじゃーんと思った。

    中村 愛子さん
    お子さんの年齢:1才

  • 保育園の先生がこの絵本を読む時、わにわにがシャワーをマイクに歌うシーンで、オーイェイを孫がはりきって言っていると聞いて、読んであげたくて購入しました。わにわにになりきっているみたいで、グーグーと言って、オーイェイも何回もやっています。お風呂も好きになったみたいです。バナナワニ園にも行って、本物のワニも見せたいと思います。

    キョトンさん

  • 祖母からのプレゼントです。3歳の娘は「保育園で見た」と言っていましたが、絵を見ながら創作した話を読みきかせてくれました。うたを歌うところはやっぱり「うたを歌ってしまいました!」と表現。絵を見ただけでも内容が分かるんだなと、感心しました。でもタオルでからだをふくところは「赤ちゃんごっこをしました」と言い、笑ってしまいました。妹が生まれたばかりで、沐浴後の姿に見えたのでしょう。

    みえちよさん

  • 30年ぶりに保育の仕事に復帰して1年余り。毎日手さげの中に絵本を入れて出勤。スキがあれば、子ども達と読みきかせの時間を共有したい!わにわにシリーズが大好きな子ども達。「今日、わにわに持って来た?」「ぐるぐる包帯巻くの読んで」と、手さげを覗き込んでくる子もいます。コワモテのわにわにがやってることは、子ども達とさほど変わらない、そこがたまらないのかな?“ずるずりずるずり”“ぐにっぐなっぐにっぐなっ”など、擬態語もすぐに覚えて口にしています。「おおけが」の“きってきってきっ”のところは一瞬表情がこわばり、心配そうにわにわにをみつめます。その後「包帯、もったいないよー」などと発言。「おふろ」「ごちそう」「おおけが」に続き「わにわにとあかわに」を購入。これからもどんどん読んで楽しみたいです!

    内堀由里子さん

  • 保育教諭としてこども園で勤務しており、わにわにシリーズの本もかるたも購入させて頂き、朝の集まりや昼食時の待ち時間で何回も読んでいます。わにわにの愛嬌のある仕草、ずりずりという行動する音、「よしよしよし」の一言がかわいくて、自宅用にも欲しいと思う1冊です。

    てるさんさん

  • 子どもの誕生日プレゼント用に購入しました。絵もとても素敵で、息子は何度もなんども本をめくっては喜んでいます。他にもシリーズがあることを知り、記念日に贈り、全てそろえてあげようと考えています。

    黒絹さん

  • わにわにの絵本でワニを覚えました。図書館で借りたらとても気に入り購入しました。イヤイヤ期が始まり、お風呂をイヤイヤしてた子どもに「わにわにはお風呂で歌っていたよ」と言うとすんなりお風呂に入り、出るのを嫌がったら「わにわにはお風呂から出たら麦茶を飲んでたよ」と言ったら出るようになりました。わにわにのおかげで、お風呂のイヤイヤを楽しいお風呂タイムにする事ができました。

    豆大福さん

  • フロリダ出身で日本語を勉強している友人への、クリスマスプレゼントに買いました。フロリダでは身近なワニと入浴という日本文化の融合と、わかりやすい日本語が気に入ってもらえました(擬声語、擬態語は一般的ではないですが)。彼女のお子さんは1歳ですが、帰国して大きくなっても読んでくれるといいなと思います。(元々は息子が小さい時、よく図書館で借りて知っていました)

    光本京子さん

  • 発達障害のうたがいがあるとされる就園前の子どもたちと少し関わっています。あきらかな自閉傾向を示す子は、じっと座って絵本を見ることができない子もいますが、コトバの遅れを指摘されている子たちでも、絵本は大好きでじっと見てくれます。関わり初めの頃は、赤ちゃん絵本のようなものばかり読んでいましたが、もう少しストーリー性のあるものでも見てくれるのではないかと『ぞうくんのさんぽ』を読むと、本当によく見ていました。その後『ちいさなねこ』『かばくん』などを試してみましたが『おおきなかぶ』は「ウントコショ!」と一緒に言ったりする子もいました。『ぞうくんのさんぽ』のような起承転結、ページをめくるとストーリーがすすむという基本的なシンプルな絵本をさがし、この『わにわにのおふろ』を試してみました。擬音も楽しく、生活経験にもあっていて、よく見てくれます。

    冨永則子さん

  • 私の親友から、娘の2歳の誕生日にと、くれました。彼女は幼稚園の先生です。いろんな本を知っている中でも、「この本が(娘)ちゃんらしいから」と言葉をそえて、渡してくれました。絵のコミカルな感じと文字の可愛らしさに、娘も大変よろこんでいます。この本を選んでくれた親友と、作成者の方々に感謝いたします。

    ちなちゃそさん

  • 書店で見て、一目ぼれです。動きを愉快な音にして、くり返す音節が子どもの興味と想像をかきたてること、まちがいないと思います。

    ばあば保育士さん

  • 歌をうたうところで、私が調子をつけて「うりうりうりうり」と言うと、子どもがとても喜んで笑っていました。途中で出てくるお風呂のおもちゃも、ロボットが気に入った様子でした。お風呂嫌いな息子ですが、わにわにのように楽しく入浴してくれれば良いな、と思いながら読みました。書店店頭で見たときは、ワニの目が少し恐いかな?と思いましたが、子どもはこのワニさんが気に入った様でした。楽しい絵本をありがとうございました。

    嵯峨裕美子さん

  • わにわにシリーズが大好きな息子。図書館でこの絵本に出会い、すぐに気に入った息子は何度も「もう1回!」と要求してくれました。帰り道本屋さんに立ち寄り、即購入。おふろに入る前やねる前など、息子のほうから「よんで~!」と持ってきます!親子で楽しい時間を過ごしています!

    りゅうたろうママさん
    お子さんの年齢:2才

  • 4ヶ月の子供にはまだ早いかもしれませんが、自分も絵本が好きでしたし、現在も本が好きなので読みきかせをしています。この本のタッチが子供にどうかはまだ反応が薄いように思いますが「ぽくん」「ずるずり」「ぷー」などの繰り返しの、特に破裂音は好きなようで笑ったりすることが多いです。他の本でもその傾向があります。ストーリー的にはお風呂とワニという組み合わせがおもしろく、シュールだけどなんだか可愛いワニが気に入っています。版画なのでしょうか?そこもワニっぽさがでていて好きです。子供が成長した時にどう感じるかきけるのが楽しみです。

    田中 昌美さん
    お子さんの年齢:0才

  • 子どもの頃大好きな絵本でした。何度も読んで、妹に読み聞かせしてました。実家に帰省した際、原画展に参加しました。20歳になって改めて読みましたがやはり大好きな絵本だと実感しました。子どもができたら、読んであげたいです。絵本って夢があってステキですね。

    ほりかなさん

  • 孫の保育に行った時、保育所にたてかけてあり、おもしろそうな表紙ですぐに読みました。孫と一緒におふろに入った時、わにわにそのものが孫達でほほえましく読みました。楽しい絵本です。

    プリンちゃんさん
    お子さんの年齢:2才

  • わにわに…その響きが何だか心に残ってしまう。「わにわには…」と言いたくなる。何ともいえぬこの表情。う~ん、たまりません。

    かおるさん
    お子さんの年齢:3才

  • 「え~こわい~」と初めてこの絵本の表紙を見た時の衝撃。でも、それはページをめくるたびにどんどん気持ちが変化したのを覚えています。なんといってもお気に入りのページは桶を被って、シャワーを片手に歌いだす所。あのこわそ~なわにわにが、愛おしくなる瞬間。もちろんこれは園児に読んでも同じような反応がありました。わにわににこの絵本で一目惚れ。もちろん他のシリーズも持っていますが、一番好きなのは「おふろ」。小風さん、山口さんにもお会いし、ますますわにわにが大好きになりました。

    pokapokaさん

  • この絵本に出会ってもう何年もたち、当時幼稚園生だった息子はすでに10歳に。読む本もすっかり高学年っぽくなってしまいましたが、「わにわに」はいまだに愛読書です。お風呂に入ると「うりうりうりうり、お~いぇぃ~!」と歌い、体を拭くときは「ぐなぐな」動きます。小さいころに良い絵本に出会うということは、家族にとって本当に幸せなことですね。これからもどんどんシリーズが増えるとうれしいです。

    どんぐりまなこ。さん

  • 我が家では、「普段読む用」と「大事にとっておく用」の2冊の「わにわに」がある程の人気者です。待望のハードカバーが出て、とても嬉しいです。主人公「わにわに」は、とってもリアル。擬人化されて服を着ているわけでもないし、かわいくデフォルメされているわけでもない。緑でゴツゴツして凶悪そうな巨大なワニそのものです。なのに、何故かだんだんかわいく見えてくるところが、実に不思議な絵本だと思います。子どもたちのお気に入りは、タオルの上で「ぐにっ ぐにっ ぐなっ ぐなっ」とのたうって体をふくシーン。その姿は、おぞましい爬虫類そのもの。なのに、なんだかすごくユーモラス。わにわに、大好き!

    うおざさん

  • わにわにの、おでかけ。が気に入っている娘を連れて家族で木城絵本の郷に行って、小風さん、山口さんにお会いしてサインまで頂いた家族の宝物の絵本です。お風呂が大好きな娘は、わにわにがシャワーで歌っている場面が特にお気に入りで”うりうりうりうり、おーいぇい!!”と洗面器をかぶって遊んでいます。今年は”おおけが”が出版されるということで家族で楽しみに待っているところです。

    桃花母さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。