本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

祈祷師の娘

祈祷師の家に育った主人公、春永はお父さん、お母さんとは血がつながっておらず、お祓いの能力を持っていません。姉の和花ちゃんには霊能力があり、祈祷師をつぐことになります。自分に霊能力のない春永は悩みますが、中学校での恋のまねごとのような人間関係や、霊能力を持ってしまった小学生の女の子とのふれあい、そして実の親に会いに行く小さな旅を通して、少しずつ自分らしさをつかんでいきます。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学高学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 244ページ
サイズ : 20×14cm
初版年月日 : 2004年09月30日
ISBN : 978-4-8340-2010-6
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~

みんなの感想(1件)

  • 書店の児童書コーナーを探してもなく、一般書のなかに混じって、力強く主張していたこの本。中脇さんの文章ははじめて読んだのですが、一つ一つの言葉がじわ~っと心に響いてきました。タイトルにある、「祈祷師の娘」二人の娘がそれぞれに祈祷師の娘であることを受け入れるまでの葛藤が、ヒロインの春永が自分の存在を受け入れるまでの葛藤が、それは見事に描かれていますくすっと笑ってしまったり、また心臓をわしづかみにされるような痛みを覚えたり・・・「生きていく」ということの強さ、すばらしさを派手ではないのですが、春永の目を通して歌い上げています。卯月さんの挿画がまたすばらしく、文章により一層の彩を添えていて、読み終えた後に、もう一度、絵だけ見直してしまいました。私は、気に入った本は、読了後なんどもお気に入りのシーンを読み返すくせがあるのですが、この本もラストをなんども読み返してしまいました。これはお子さんだけに読ませるのはもったいないです。もっともっとたくさんの大人によんでもらわなきゃと思う一冊です。あ!くれぐれもラストは通勤通学の電車の中で読まないようにしてください・・・なぜって?次の日に私・・・目がはれてしまいました。だって・・・滝のように涙が出てくるのですもの。

    ハイタカさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。