本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ぽとんぽとんは なんのおと

冬ごもりの穴の中で、クマの母さんはふたごの坊やを産みました。坊やはおっぱいを飲んで少しずつ大きくなり、外から聞こえるさまざまな音は何の音とたずねます。「かーんかーん」というのは木こりが木を切る音、しーんと静かなのは雪が降っている時、「つっぴいつっぴい」は、お天気でヒガラが歌う声、そして「ぽとんぽとんってなんのおと?」それはうれしい春の兆し。春を待つ熊の母子の交流と、季節の移り変わりを暖かい言葉と絵で描いた絵本です。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 27×20cm
初版年月日 : 1985年02月15日
ISBN : 978-4-8340-0136-5
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 暗い巣穴で冬ごもりをしているクマの親子のお話。外から聞こえる音だけで想像する冬の世界。クマの親子の会話がたんたんと繰り返される中で、少しずつ少しずつ春が近づいてきているのを感じ、ラストに向けて心が高まっていくのを感じる絵本です。最後にクマの親子が春の陽射しを浴びている場面は、何度読んでもジーンと感動してしまいます。春の音、春のにおい。。自然を敏感に感じとる心を持っていたいものですね^^☆

    青い空さん

  • 表紙のクマの表情に惹かれ、題名に惹かれ購入した絵本でしたが、思ったとおり良い絵本でした。子供の質問に的確に、そして優しくこたえる母クマ。そんな優しさを文章に端々に、そして絵の雰囲気に感じました。そして何よりもじぃーと耳をすませば自然の雄大さを感じられる、そんな気持ちにさせてくれる絵本です。こんなに素晴らしく冬の自然の心地よさを伝えてくれる絵本はなかなかないと思いました。

    さやぽんさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。