本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

やさいのせなか

いろいろなやさいの上に紙をのせて黒いクレヨンでこすると、やさいのせなかの不思議な模様が紙の上に現れて……。さて、これはなんのやさいかな。この奇妙な模様は一体何だろう、この面白いかたちは何に見えるかな?子どもたちは、想像力を思いっきり羽ばたかせて、この絵本を心ゆくまで楽しむことでしょう。遊びながら、身近なやさいの表面の凹凸の面白さ、不思議さ、美しさを発見するユニークな絵本。

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

木内 勝 作・絵
カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,000円+税
ページ数 : 48ページ
サイズ : 19×19cm
初版年月日 : 2005年07月15日
ISBN : 978-4-8340-2109-7
シリーズ 幼児絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 魚拓のようなかんじで野菜のせなかをクレヨンでとってます。その絵を何か当てるのですがむずかしい。2歳からとなってますが殆どの2歳児3歳児にはわからないでしょう。我が家の娘は2問当たって大喜びでしたが当たったのはメロンと魚だけ。セロリとかアボガドとかにがうりとかって娘にはまだ名前も知らない野菜さんだったのです。知ってる野菜じゃがいもやとうもろこしとかでも全然分からない。私も全然分かりませんでした。でもこんな風になるんだという発見ができてよかったです。

    まおるさん

  • 発売前から、どんな絵本なのか、本当にふしぎでした。読んでみたあとも、本当にふしぎです。やさいを外からも楽しめるなんて、発想の広さに感嘆です。すばらしい絵本を本当にありがとうございます。ず~と、親子で楽しませていただきます。

    ようともさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。