本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

貝の子プチキュー

プチキューは小さな小さな貝の子どもでした。いつもひとりぼっち、さみしくなるとエンエンエンと泣きます。ある日、一度も行ったことのないところへ歩いてみようと、したべろみたいな足をふみだしました。水面に出ると、大空はもう降るような星月夜でした。「歩いてきてよかった」と、プチキューはしみじみ幸せでした……。詩人、茨木のり子さんが生涯に書かれた唯一の絵本で、画家の山内ふじ江さんが渾身の力をふりしぼった最高に美しい絵本です。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,800円+税
ページ数 : 40ページ
サイズ : 29×31cm
初版年月日 : 2006年06月30日
ISBN : 978-4-8340-2143-1
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

品切れ中です※在庫は小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は各書店によって異なります。

みんなの感想(1件)

  • まず大判の絵本に映える美しい絵に魅了されました。小さな貝の子プチキューは、自分が歩けることに気づき自分の知らない世界を見ようと歩き出します。そして、たくさんの生き物に出会っていきます。小さなプチキューには知らないことを見知りする喜び、生きている喜びが溢れています。でも、いのちには終わりがあって。。大きな海の中に無数に存在する小さな生き物の世界。誰かに知れることもなく、始まり、終わっていくいのち。小さないのちが懸命に生きている姿が優しいまなざしでたんたんと描かれています。とにかく読んで、そのままを感じて欲しい。。そんな絵本でした。

    パンくん大好き!さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。