本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア
ぼりすぼりす

ぼりす

少しおっちょこちょいで元気なくまの男の子、ぼりす。誕生以来、世界中で多くの人々に愛されています。

ぼりすについて

ぼりすの誕生

作者のディック・ブルーナさんは、南フランス・プロヴァンスの森で休暇を過ごしていました。その休暇中に、今も世界中で愛されている茶色いくまの主人公・ぼりすを思いつきました。その後、1989年に絵本に登場します。

   
ガールフレンドのばーばら

「1人より女の子の友達がいたほうが、ぼりすも楽しいに違いない。」とディック・ブルーナさんがぼりすのために登場させたのが、ガールフレンドのばーばらです。いつも元気なぼりすをしっかり者のばーばらが支えます。
※『うさこちゃんの だんす』に、ばーばらが登場しています。

   
「金の絵筆賞」受賞

1990年に作者のディック・ブルーナさんは、前年に刊行された『くまのぼりす』のイラストで、オランダ国内で最も権威があるとされる子どもの本の賞である「金の絵筆賞」をオランダ図書宣伝協会(CPNB)より受賞しました。

   

ぼりすの本

  • 絵本

    NEW

  • 絵本

    NEW

  • 絵本

    NEW

もっとみる

とじる

ブルーナさんについて

●プロフィール●
1927年、オランダのユトレヒトに生まれる。父の経営する出版社を継ぐために勉強をしつつ、同社で本の装丁や表紙デザインを手がける。国立芸術アカデミーで学んだものの、方向性の違いから退学。マティスやサヴィニャック、カッサンドルなどの作品を研究しながら、自らのデザインスタイルを確立していった。デザイナーとしてポスターなどを制作する一方、1953年に最初の絵本『de appel』を出版。その後、『ちいさなうさこちゃん』『うさこちゃんとうみ』『うさこちゃんとどうぶつえん』(福音館書店)など、120点以上の絵本を世に送り出した。2017年没。

 

***

ブルーナさんの生涯と仕事、福音館書店との出会いを紹介した記事
「絵本作家の誕生日」は
こちらから!

ぼりす

みんなの人気者 一覧へ

福音館の最新情報

フォローする

あのねメール通信の登録

著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。