本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

お知らせ

お知らせ

終了日が近い順

開始日が早い順

  • 月刊かがくのとも『マグロリレー』刊行記念写真展と得地直美のペルー人形〜マグロリレー篇〜

    会期

    2019年12月16日~2019年01月15日

    会場

    誠光社(京都府・俵屋町)

    マグロが水揚げされてから食卓にのぼるまでを追った写真絵本『マグロリレー』(「かがくのとも」2019年12月号)の刊行を記念し、著者のキッチンミノルさんの写真展が行われます。誌面では紹介されていない写真もご覧いただくことのできる展覧会です。同展では、イラストレーターの得地直美さんによる、仕掛け玩具「ペルー人形」の「マグロリレー篇」も展示販売される予定です。

    詳細はこちら

  • 小風さちさん乳幼児読書講演会「お話が生まれるまで─わにわにの誕生など」

    会期

    2019年12月21日~2019年12月21日

    会場

    アミュゼ柏 クリスタルホール(千葉県・柏市)

    「わにわに」シリーズなどでおなじみの童話作家、小風さちさんの講演会が行われます。あかちゃん絵本から幼年童話まで、さまざまな年齢の子どもたちに向けた絵本を作っている小風さんが、言葉選びの難しさや絵本に込めた思いについて語られます。ブックスタートボランティアや読み聞かせボランティアをされている方、また絵本や読み聞かせにご興味のある方に、特におすすめの講演会です。ご予約のうえ、ぜひ足をお運びください。

     

    詳細はこちら

  • junaida / 『の』原画展

    会期

    2019年12月14日~2019年12月25日

    会場

    Hedgehog Books and Gallery(京都府・京都市)

    junaidaさんによる新刊『の』の原画展が行われます。会場では、展示のほか、通常版の『の』に着彩前の線画で構成された下絵版の『の』をつけた数量限定の特別セット『のの』をはじめとした関連商品の販売も行われます。

    詳細はこちら

  • MOE 40th Anniversary 人気絵本のひみつ展

    会期

    2019年12月19日~2019年12月29日

    会場

    松坂屋名古屋店(愛知県・名古屋市)

    『こりゃ まてまて』の酒井駒子さん、『そらまめくんのベッド』『そらまめくんとめだかのこ』のなかやみわさん、島田ゆかさん、ヒグチユウコさん、ヨシタケシンスケさんの5名の絵本作家の原画をご鑑賞いただける巡回原画展が、フィナーレを迎えます。会場では、絵本原画のほか、それぞれの作家が「大切にしているもの」をご覧いただいたり、MOEの40年の歴史を振り返る展示をお楽しみいただくことができます。絵本の多様な魅力と、可能性を感じることのできる展覧会です。

    詳細はこちら

  • 『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展

    会期

    2019年12月18日~2020年01月06日

    会場

    阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー(大阪府・梅田)

    『ねないこだれだ』の誕生50周年を記念し、せなけいこさんの展覧会が開催されます。おばけや妖怪、うさぎなどをモチーフに、貼り絵の手法を用いて生み出された絵本の原画や資料など約250点が展示されます。小さなお子さんも楽しんでいただける展覧会です。

    詳細はこちら

  • 連続講座「虫めづる姫君たち−それぞれにその深き愛を語る−」

    会期

    2019年10月01日~2020年02月23日

    会場

    あつぎ郷土博物館(神奈川県・厚木市)

    昆虫の世界を知り、自然を楽しむための連続講座(全3回)が開催されます。『だんごむしのおうち』の作者、澤口たまみさんをはじめ、写真家、自然環境保護活動家、学芸員など、多彩な顔を持つ昆虫研究者の方々が登壇し、それぞれの「虫愛」について語ります。各講座開催前には、事前学習会(要予約)や、講師の作品をご覧いただけるホール展も開催されます。また会期中は、各講師の著作を読むことのできる「こもれび図書室」もオープンします。

    詳細はこちら

  • 冬の所蔵品展ーパフォーマンスする絵画

    会期

    2019年12月14日~2020年02月24日

    会場

    平塚市美術館(神奈川県・平塚市)

    人間の身体の動きや、身体による表現をテーマにした展覧会が行われます。歌う・踊る・演じる・装う・祈るなどのキーワードを手がかりに、様々な作家による身体表現を描いた作品をご鑑賞いただけます。本展では、『ちいさい おきゃくさん』(「こどものとも年少版」2011年2月号)の作者である、石井礼子さんの作品もご覧いただけます。ぜひ足をお運びください。

    詳細はこちら

  • 絵本でめぐる生命の旅

    会期

    2019年12月17日~2020年03月01日

    会場

    国立科学博物館 日本館1階(東京・上野)

    絵本をもちいて生命の進化の歴史を紹介する企画展が行われます。会場では、『とりになった きょうりゅうのはなし 改訂版』(大島英太郎 作)や『いのちのひろがり』(中村桂子 文/松岡達英 絵)を含む7つの絵本から選ばれた場面が、化石やはく製などの標本とともに展示され、進化の道のりを伝えます。また、会場の読書コーナーでは、約100冊に及ぶ生命の進化や自然科学に関係する絵本をお読みいただけます。

    詳細はこちら

  • ワタリドリ計画 ―絵から旅する大原⇔岡山―

    会期

    2020年01月01日~2020年03月15日

    会場

    大原美術館(岡山県・倉敷市)

    『うえからみたり よこからみたり』(「こどものとも年少版」2018年9月号)の著者・麻生知子さんと、コンビを組む武内明子さんの展覧会が行われます。展覧会では、大原から岡山へ、岡山から大原へと旅をした麻生さんと武内さんが、その土地をテーマにして制作した作品をご覧いただけます。

    詳細はこちら

  • 世界のブックデザイン2018-19

    会期

    2019年12月14日~2020年03月29日

    会場

    印刷博物館 P&Pギャラリー(東京都・文京区)

    2019年3月に開催された「世界で最も美しい本コンクール」、また、世界7ヶ国(日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国)で開催されたコンクールの入選図書を展示する展覧会が行われます。各国最高峰のブックデザインや造本技術を、実際に手にとりながら感じていただける展覧会です。「世界で最も美しい本コンクール2019」に入選したドイツ語版『どっとこどうぶつえん』も展示される予定です。

    詳細はこちら

  • ●現在、新卒・中途採用の募集は行っておりません

    募集の際は当ページにてご案内いたします。

福音館の最新情報

フォローする

  • 福音館書店 facebook
  • 福音館書店 twitter
  • たくさんのふしぎ facebook
  • 母の友 facebook

あのねメール通信の登録

著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。