日々の絵本と読みもの

ある家族の一日を「こたつ」を中心にして描いたユニークな絵本

ある家族の一日を「こたつ」を中心にして定点観測で描きます。

今日はおおみそかの寒い朝。「夜中まで起きているからね」と、こうたくんは家族に宣言します。
朝ごはんを食べて、宿題そっちのけであったかいこたつでくつろぎ、いつもどおりの一日がはじまります。そのうちに、おばあちゃんのおせち料理づくりを手伝ったり、お父さんが年賀状を書いていたり、そして夕食は年越しそば、と非日常のできごとが増えてきて、この日が大みそかであることが分かります。
これらすべての出来事が、こたつを真上から俯瞰(ふかん)でみた風景で表現されるユニークな絵本です。


こたつ布団をあげて掃除をするとおばあちゃんが探していたメガネが出てきたり、ネコが近くにいたり、気持ちよくなってついうたた寝してしまったり……「こたつあるある」もたくさん登場!

こたつを通して、家族のあたたかさや新年を迎えるよろこびが、感じられる作品です。


今年は帰省できない人も多いかもしれませんが、新年にむけての一日、この絵本でぜひ、こうたくん家族の一員になった気分で、お楽しみください。

担当・A こたつに入って食べるアイスが大すきです。

2020.12.26

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

関連記事