本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

絵本作家のアトリエ1

「ぐりとぐら」も「だるまちゃん」も――みんなここから生まれました。人気絵本作家のアトリエを訪ね、創作と人生を聞く「母の友」の好評連載が、単行本になりました。待望の第1巻には、加古里子、佐藤忠良、赤羽末吉、山本忠敬、山脇百合子など、現代日本の絵本の礎を築いた画家10人を収録。創作現場の美しい写真とインタビューで、作家の思いを伝えます。読めばもっと絵本が好きになる。すべての絵本ファンに贈る一冊です。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 子育て・子どもの本の世界
定価 : 本体1,500円+税
ページ数 : 160ページ
サイズ : 22×18cm
初版年月日 : 2012年06月10日
ISBN : 978-4-8340-2722-8
シリーズ 福音館の単行本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
    • セット

あなたへのおすすめ

  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 小学中学年~
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 一般
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
    • 限定
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 一般
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般

みんなの感想(1件)

  • 小さい頃から大好きな林明子さんの美術展が、高松で開催された際に購入しました。作家さんのアトリエというのはもちろん普段見られないものですし、読んだことのない絵本の作家さんのことも、この本を読んでとても興味がわきました。(佐々木マキさんは女性だと思っていましたし)人生においてつらいことや悲しいこと、また楽しいことや嬉しいことがあった時に、その気持ちを共有できる相手が必ずしもヒトでなくても、自分とずっと一緒に時間を過ごしてきた「1冊の本」であれば素敵だと思います。私にはそのような本が何冊かありますが、これからの子どももそうであれば良いと願っています。

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。