本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ねないこだれだ

夜の9時です。「とけいがなりますボンボンボン」こんな時間におきているのはだれだ? ふくろう、くろねこ、どろぼう……。いえいえ、夜中はおばけの時間。あれ? まだ寝ていない子がいますよ。おばけになってとんでいけ!  おばけがなかなか寝ない子をおばけの世界に連れていってしまいます。シンプルなはり絵と独特のストーリーで、子どもたちをひきつけてやまない赤ちゃん絵本です。

  • 読んであげるなら

    1才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体700円+税
ページ数 : 24ページ
サイズ : 17×17cm
初版年月日 : 1969年11月10日
ISBN : 978-4-8340-0218-8
シリーズ いやだいやだの絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 1才~
    • セット
  • 絵本

    • 絵本
    • 1才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 1才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 1才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 1才~
    • セット
  • 絵本

    • 絵本
    • 1才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 1才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 1才~

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(15件)

  • 娘はこの本が大好きで、図書館で何度も借りていたので、購入させていただきました。内容を覚えて、私に読んでくれます。おばけのパンやふうせんを作ったりして楽しんでいます。私も子供の頃から大好きな本です。

    南 麻衣子さん
    お子さんの年齢:2才

  • 自分も子どもの頃に見た記憶があり、購入しました。特に「ねないこだれだ」は、今でも私が楽しく読めます。子どもも何度も毎夜に自分で持って来て、読んでアピールしてきます。

    みーちゃんさん

  • 私が保育園で働いていた時に、1歳児のクラスで大人気だった「ねないこだれだ」の絵本。今度は念願の我が子に読む時がやってきました(まだ生後2ヶ月ですが…)。2人で並んで仰向けに寝転がり、まずは表紙を見せるとジーっとおばけの絵をみつめるNちゃん。ひとつひとつページをめくり、最後まで読み終えると、手足をバタバタと喜びます。「まだ見たいのかなー?!」ともう1回読んでも同じ反応が!!!やはり長年愛されている絵本は、子どもにとって魅力的で飽きないのでしょうね。これから、たくさんの絵本に触れていきます!

    ちょこさん

  • 私が小さい頃から好きな本です。自分の子にも読んであげたくて、購入しました。恐がる事もありますが、大好きな様です。

    こたさん

  • 夜泣きが始まって大変なので、買ってみました。この絵本効果はすごい!と先輩ママから聞いていたので…。効果はぼちぼちですが、この絵本を読み聞かせしている時だけは“しーん”としています。少しでも恐い!と思って夜中ちゃんと寝てほしいです。

    かーたさん

  • 「おばけ こわーい」と言いながらも、おばけが大好きな娘は、表紙のおばけの絵を見てすぐ本屋で手に取りました。毎晩連続5回は読み、最近は内容を暗記してしまいました。そして必ずラストには「いい子だったから おばけこない?」と言うのが口ぐせです。

    鈴木朋子さん

  • 我が家の「ねないこ」が何度も何度も読んでくれとせがみます。寝る前のいつものことですが、結局寝ないのですが、よろこんでいるので良しです。

    りんさん

  • 毎日お父さんお母さんと読んで、おばけのまねをして、きゃっきゃと楽しんでいます。

    けいこさん
    お子さんの年齢:0才

  • 切迫流産で産まれてしまい、まだ保育器の中にいる子供が帰ってきたら、読んで聞かせてあげたいと思っています。どんな反応をしてくれるのか、今からとても楽しみです。

    Aliceさん

  • 読み聞かせをしても意味がまだわからない年齢ですが、子どもは興味深げに絵を見ています。自分でページをめくって静かに絵を見ていることもあります。これから意味がわかるようになってきたら、どのように感じながら読むようになるのか楽しみです。

    はるくんさん
    お子さんの年齢:1才

  • ハロウィンの季節にコラボタクシーで見かけて懐かしかったです。

    トンちゃんさん
    お子さんの年齢:中学生

  • 1歳7ヶ月の娘のお気に入り絵本です。怖い本だけど、何回も読んでとせがみます。小さい子にもわかりやすい絵本だと思いました。よくできている絵本だと感心しました。

    ふじさん3さん

  • 赤ちゃんを産む友達には必ず贈っています。私も小さい頃に、お化けにされちゃう怖さを味わいたくて何度も読みました。こういう不条理な感じ、民話的な怖さを持った作品がとても少なくなってしまったので貴重な存在です。せなけいこさんの絵は、子供の心にくっきりと刻み込まれるフシギな温かみがあり、日本画的な空間の広がりを感じさせるので、大好きです。二人の息子は、1歳になった頃から、毎日この本を持ってひざに上ってきては、「もっかい」と何度もせがんでいました。最初の一冊に是非おすすめです。

    ぢまさん

  • 子育てをしていて、『おどし』はあまりよくないな~。と思いつつも、やっぱり寝るときはちゃんと寝てほしい!寝ないとオバケの世界へ飛んで行っちゃうんだよ~。子供はオバケを怖がりますが、怖いもの見たさなのか何度も読んでとお願いされます。

    Maccoさん

  • 1歳9ヶ月の娘が言うことを聞かない時に、私が「お化け来るよ!」と言うと、立ち止まりちょっと考えてからおばけのポーズを真似します。表紙のおばけが怖いようですが、昼間の明るいときは読んでとせがみます。

    あーちゃんママさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。