本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

いたずらこねこ

子ねこがはじめてかめをみました。ぽんとたたくと頭がひっこみ、ぽんとたたくと足がひっこみ、子ねこは大仰天。幼児を夢中にさせる絵本です。

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,100円+税
ページ数 : 48ページ
サイズ : 19×26cm
初版年月日 : 1964年11月01日
ISBN : 978-4-8340-0037-5
シリーズ 世界傑作絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • 歯医者さんの待合室にあったので手にとって、心奪われてしまいました。とてもシンプルな背景で、登場人物(?)も少ないのに、「それから、それから・・?」とわくわくしてページをめくりました。何といっても、水に落ちた時の猫の表情がとんでなく可愛くて、何度も見て一人で吹き出してしまいました。パラパラ漫画のように楽しめますね。子供たちはもう中学生になってしまって、絵本は卒業してしまいましたが、自分のために購入しようと思っています。

    よっちゃんさん

  • これも、投稿者が子供のころ読んだ本です。両親に聞くと、話を覚えるまで聞かせてもらい、時々面倒くさくてページを飛ばして読むと、抗議したそうです。 いま、2歳8ヶ月の息子に読んでやっています。亀をポンとたたくところがやっぱりお気に入りですね。「ポンのほん」と呼んでいます。 シンプルな絵で、画面をいっぱいに使い、しかも場面展開がスピーディというかテンポがいい。 それとラストシーンがいいですね。説明してしまうとルール違反ですから、見てのお楽しみにしておきましょう。 人間でも動物でも、チビは好奇心でいっぱいなもの。いたずらこねこは、そのまま「いたずらむすこ」「いたずらむすめ」です。 読み手も聞き手も共感するのではないでしょうか。

    セイウンスカイさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。