本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ももたろう

おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が流れてきました。桃をもちかえって切ろうとしたら、なんと桃からかわいい男の子が生まれました。「桃太郎」と名付けられた男の子は、おばあさんとおじいさんが用意してくれたおかゆや魚を食べて、どんどん大きくなり、立派に成長します。そんなある日、桃太郎は鬼が島の鬼が悪事をはたらいていると聞き、鬼退治にでかけることにします。力強い絵とともに、真の昔話の面白さが味わえる1冊です。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,100円+税
ページ数 : 40ページ
サイズ : 21×22cm
初版年月日 : 1965年02月20日
ISBN : 978-4-8340-0039-9
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • グッズ

    • グッズ

みんなの感想(7件)

  • 福音館書店さんの「ももたろう」は、数多く出ている“ももたろう”の中でも最も質が良いと聞いて購入しました。ももたろうの強そうな様子、海の波の力強さなど、絵からもとても鮮やかに感じられますね。子どもも何度も読んで読んで!と言ってきます。次世代にも伝えるべき絵本だと感じました。

    ツインズママさん
    お子さんの年齢:3才

  • 昔から親しまれている絵本なので、色々な本が出ている中、味のある絵と美しい日本語で書かれていた本書を選びました。「つんぶくかんぶく」と日常生活の中でもつぶやいています。「ももたろうさんみたいにいっぱい食べて大きくなる!」と意気込んでいる姿に、本書を買って良かったと思いました。

    ユミさん
    お子さんの年齢:2才

  • 赤羽末吉さんのダイナミックな絵と、松居直さんのリズムのよい文章がいかにも昔話らしくて、とても気に入り購入しました。「ももたろう」のお話は絵本や紙芝居など沢山ありますが、登場人物の言葉づかいや力づよい絵の魅力がこの絵本には詰まっており、子どもたちにもこの絵本こそが、本物のももたろうのお話の世界だよと伝えたくて選びました。これからも沢山、おじいさんやおばあさんやカラス、3匹のお供、ももたろうになりきりながら、子どもたちに読みきかせたいです。

    中島 陽子さん
    お子さんの年齢:4才

  • とてもいいですね。少しでも本を読むようになりました。とても助かりました。これからもよろしくお願い致します

    さんさん
    お子さんの年齢:小学高学年

  • 近頃の絵本の昔話は、何なのでしょう?かわいらしい絵にかわいらしい内容…ほんとうに子供が好きなのは、そんな甘いものではありません。この絵本のような、本物の迫力と、少し怖いけど だからこそ大人になるまで印象に残り続ける物語こそが“昔話”なんです。私は、本物の絵本を子供に読んで聞かせたいと思います。

    うーこさん

  • はじめまして! 私は保育園や小学校で読み聞かせを行っています。「昔話」を子供たちに伝えたいと、絵と文章に力があるもの探していました。やはり 赤羽さんの素晴らしい絵しかありません。「ももたろう」はその中でも一番人気でした。もう一度読んで!のアンコール。お話はよく知っていますが やはり絵のもつ魅力は子供たちの心に 響いていたのでしょう。私はこれからも 赤羽さんの昔ばなしシリーズを読み続けていきます。お勧めしますよ。

    きよちゃんさん

  • 本物の「桃太郎」某アニメの影響は大きく、「鬼退治」「キビ団子が欲しけりゃついて来い」「宝物をもらう」と言うイメージが定着してしまった桃太郎。幼いながらも、その理不尽さに疑問を持っていました。しかし、本物は違う。本物の桃太郎は、「本当の強さ」を伝えてくれています。何より、赤羽末吉さんの絵は最高です。

    睦月さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。