本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

つるにょうぼう

幻想的な美しさにあふれる鶴女房のお話の決定版。若者と鶴との哀しい物語が、数ある再話を凌駕する洗練された文章と目もあやな画面ですばらしい絵本になりました。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,200円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 25×25cm
初版年月日 : 1979年10月25日
ISBN : 978-4-8340-0757-2
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~

みんなの感想(3件)

  • 小学五年生への読み聞かせに。五年生の国語の教科書には、「夕鶴」を読むが、この絵本の、赤羽末吉の画と語りで、想像を豊かに物語を楽しんでほしい。毎年この時期に読むが、遠い山並みを、飛び去る鶴の気持ちが切ない。

    ふじのむしさん

  • この絵本の絵を仕上げるのに、7年の歳月を費やしたという本。少しずつ 色が透けるように青白くなっていくつるにょうぼうの顔色など、本当に美しい。芸術品だと思います。

    annさん

  • メジャーな名前で言えば「鶴の恩返し」赤羽末吉さんの昔話絵本はもはや芸術。もちろん、本物の昔話の「再話」としても素晴しいですが、やはり「絵本」として、赤羽さんの絵は素晴しいです。何より、時代考証を綿密にして、着物、道具等をしっかり書き入れているところが、職人技。「雰囲気」「イメージ」といった上っ面でないところが粋ですね。日本が誇る「絵本」としてあげたい1冊です。ただ、絵の雰囲気、内容ともに今の娘には・・・難しいです。当然・・・

    睦月さん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。