本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ずかん・じどうしゃ

大好きな自動車たちがせいぞろい!

1ページ目は、「はーどとっぷ」「けいじどうしゃ」「せだん」「りむじん」「すぽーつかー」。お次のページは、「らいとばん」「るーとばん」「ゆうびんしゃ」に「ぱねるばん」。子どもも大人も魅入ってしまう、かっこいい車が勢ぞろい! 様々な自動車を、種類別に精緻な絵で紹介した、本格的な図鑑絵本です。自動車を描いたら第一人者の画家・山本忠敬さんが、心をこめて描きあげた、美しい乗りものたちの姿をお楽しみください。

  • 読んであげるなら

    2才から

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 絵本
定価 : 990円(税込)
ページ数 : 24ページ
サイズ : 22×21cm
初版年月日 : 1981年10月20日
ISBN : 978-4-8340-0850-0
シリーズ 幼児絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 0才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
    • セット
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(8件)

  • 今まで図書館で絵本を借りていたのですが、こちらの本への食いつきが凄まじかったため、気兼ねなく読めるよう購入しました。見開きのページに何台も車が描かれているので、他の本よりもゆっくりとページをめくっているようです。車の絵もとっても詳細で、大人の私もこんな風になっているんだと面白く読んでいます。素敵な絵本をありがとうございます。大切に読み続けていきます。

    ちゃあさん
    お子さんの年齢:1才

  • 乗り物に興味を持ち始めた息子に、贈り物としてこの本を手渡した瞬間、目が輝いていた事が印象的でした。今ではページを自分でめくり、同じく乗り物好きなお父さん(1967年生まれ)に教えてもらった車の名前を言葉にして、絵本を味わいつくす様子が、ほほえましいです。

    大泉 三保さん
    お子さんの年齢:2才

  • 山本忠敬さんの車の絵本を息子が大好きで、何度も読んでいます。精密で美しい自動車の絵本は、繰り返し読んでも楽しめます。すてきな絵本をありがとうございます。

    中越有希さん

  • 散歩中に車を指さしする息子にプレゼントしました。届いてすぐに絵本を見せてやると、くいいるように絵本を見て、沢山指さししてました。本をめくって別の色、形の車を興味深く見て楽しんでいました。

    yukiyanagiさん

  • 車のタイヤが転がるのをじーっと見たり、車が通るといつも大興奮の息子です。ミニカーを手に持って、いろんな所を転がしています。ふと立ち寄った絵本コーナーで、こちらの本が目に留まり息子に見せると「ウ~ッ!!」と声を上げて大興奮。大きな絵が見やすくて写真とも違うけど、リアルに描かれていて気に入りました。いろんな絵本を飾っていますが、いつもこのじどうしゃの絵本をひっぱり出しては見ています。指さしながら。

    あややさん

  • 『ずかん・じどうしゃ』『ぶーぶーじどうしゃ』作者著者の方へ感謝!!生きていたら…伝えたかったです。昔のレトロな絵・色の感じがすごく気に入りました!古い内容は現代に生きる中で必要なものです。(今は見ない自動車などを知ることができ、大人も楽しいです)繊細で実写に近い絵の描き方が見ていて私達大人もじっくり見入ってしまいます。とにかく絵がきれい!いい絵本を作ってくださり、時代が変わっても今も作り続けてくださっている福音館の皆さまに感謝です!!福音館の絵本セレクトが大好きで、手にとったり「いい!」と思うとやはり福音館書店のものが多く手元にあります。これからも子供達へ残していきたい、本当に良い絵本をどうか守っていってください。

    レモンさん
    お子さんの年齢:1才

  • 息子が生まれて、初めて山本忠敬さんの本に出会いました。それから私がファンになって絶版になったものも古本屋などで探して集め、本棚にはずらっと山本さんの本が並びます。一歳前から読んでいるこちらの本、最初、普通の自動車をパパの(乗ってる車)と認識していましたが、タクシーにもパパと言うので、これは車の頭に四角いのがついているからタクシーよと言ってました。(ボンネットの上のタクシー表示のこと)赤ちゃんの頃に何気なく声をかけながら読んでいたのですが、一歳を過ぎてから、タクシーと言うと、子供は自分の頭をポンポンとたたきました。何かな?と思っていたのですが私が赤ちゃんの頃に、タクシーは車の頭に何かついてるねーと息子の頭をポンポンとしていたことを覚えていたんです。私は本当に初めて感動しました。聞いているのかな、わかっているのかな、と思っていたことが本当に聞いていて、本当に伝わっていたんです。赤ちゃんだった子供は、言葉で表現できなかったけれど成長と共に、何かしら聞いていたよって伝えてくれたように思いました。

    もぐもぐもぐさん

  • 車が大好きな息子が1歳半の頃、子育て支援センターでこの絵本を見つけ、手放さなくなったので迷わず購入しました。息子がこれほどじっくりと絵本を眺めたことはありませんでした。実物に忠実に細部まで丁寧に描かれているところを、子供なりに一生懸命観察しているのだと思います。それまでは、簡単で可愛らしい絵の乗り物絵本を与えていたのですが、子供から絵本の選び方を教わった気がします。☆が4つなのは、作者の山本忠敬さんの自動車シリーズがたくさん出ているので、他のでもいいのかな?と思うからです。

    まるてぃさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。