本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

タンタン チベットをゆく

年若い中国の友人チャンの乗った飛行機が遭難した。彼を救うためカトマンズからヒマラヤの山奥へと出発したタンタンの一行はシェルパとともに、ついに遭難現場へたどりついたが……。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体1,600円+税
ページ数 : 64ページ
サイズ : 31×23cm
初版年月日 : 1983年11月25日
ISBN : 978-4-8340-0953-8
シリーズ タンタンの冒険

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~

あなたへのおすすめ

  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
    • 文庫版
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~

みんなの感想(7件)

  • 初めてこの本を読んだ時が、小学生の頃。リアルタイムで日航機墜落事故があり、タンタンの親友チャンが遭難した現場と重なりとても複雑な思いをして読んだ記憶があります。どのタイトルもエルジェの細かい風景描写が素晴らしいですが、「タンタン チベットを行く」は、衝撃的な一冊です。

    dai5150さん

  • タンタンがチャンのために助けに行ったのがやさしいなと思いました。

    スノーウィさん

  • 最近話題になった雪男(イエティ)がのっています。当時この本の1960年にイエティの目撃が話題になったのだろう。最近の発表では、イエティの生存確率がかなり高いという。今を時めくイエティが登場するこの本をおすすめします。タンタンの「チャンを必ず助ける」という思いと勇気がすばらしい。イエティはチャンを助け、面倒を見ていいことをしていたのに、最後はかわいそうだった。イエティの優しさもたたえたい。タンタンの生死がかかった手紙をくわえたスノーウィが、目の前の骨の誘惑に葛藤する場面がおもしろい。天使のスノーウィとデビルスノーウィのどちらもかわいらしい。

    ぷーすけさん

  • わたしは小学3年生です。この本は図書館でみつけて読んで、ウヒョ!となってしまいました。それぐらいエルジェは、い大な人だなーと思いました。とくにスノーウィの(わたしはスノーウィが好きなのですが)タンタンにむけてのセリフが好きです。どく者にぐちをこぼすところもいいです。

    わかめさん

  • ハドックせんちょうとタンタンがきゅうな山にのぼってるとき、ぼくはおっこっちゃうんじゃないかな、とおもいました。やはりハドックせんちょうとタンタンは、がけがくずれておっこちそうになったけど、ガイドのタルケがたすけにきてくれたので、ぼくは「タルケ、ありがとう!」とおもいました。ふたりがたすかってよかったね。あとのほうで、ゆきおとこもでてきて、たべられちゃうんじゃないかなとおもって、どきどきしたよ。

    もきちさん

  • 「タンタン チベットをゆく」の感想を書きます。タンタンが夢を見てチャンが生きていることをあてたことが、すごいと思いました。タンタンたちのポーターたちはひどいと思いました。だって、とちゅうでゆきおとこが怖くて逃げ出して、リュックサックを置いてタンタンたちに持たせたんだもんね。タンタンはチャンを助けられて、良かったと思います。それとチャンも最後にはゆきおとことも仲良くなれて良かったと思います。ちょっと怖いけど僕もタンタンみたいな冒険をしてみたいな。

    ふったん さん

  • タンタンで1冊といわれたら、これっっ!タンタンシリーズ中、一等泣かせる船長のセリフ「さあ船長さんがもやい綱をときますよ」がでてくる『タンタン チベットをゆく』に、決まりです。タンタン本人の魅力の本質は、正義感を胸に常に前向きに行動するその姿だと思います。で、タンタンってポーカーフェイスなことが多く、殴り合いのシーンだって涼しい顔しているしそこがまたカッコイイ。ところがところが、ですね、ここでついでに言わせていただくと、このシーンで、タンタン、苦痛でマユを寄せている!のです。普段「にっこり」とか「悩み」とか「びっくり」とか、べたべたしない表情しか見せないタンタンシリーズのなか、これはレアで、ジーンときます(お気に入りのヒーローが苦痛に耐える表情ってちょっとトキメクものですよね。)。その点でも、この巻は「宝物」を秘めています。そして、そもそものストーリー、チベットへゆくその道中の面白いこと!(いやもちろんハラハラさせるシリアスな場面が本筋なのでしょうが。)よくもこれだけ笑えるシチュエーションを盛り込めたものだと感嘆してしまいます、単なる「滑った転んだ」系からチョルテン(塔)を絡めた民俗学的なギャグまで、様々で。その「災難」は主役タンタンだって免れることはできません!タンタンシリーズのもつユーモアの深さ豊かさですよねえ。そうそう、ストーリーに関係ないところにまでギャグが描き込まれているので要注意!ハドック船長がチベットの村の子どもたちの挨拶を誤解して、悪いしぐさを返してみせるのですが、それを「異人さんの挨拶の仕方」だと受け止めた子どもたちは、子どもらしく面白がりお互いに教え合う、というシーンがストーリーの後ろで展開され、それはそれで微笑ましいなあと読み進めていくと、なんとナントの難破船!数日後村に戻ってきた船長一行を村の子どもたちが出迎えてくれるのです、船長の「悪いしぐさ」でもって!その時は手がふさがっているので船長はやりかえしたくても、なすすべがないのでした!伏線の深~い、でもほんの一コマのシーンです。みんなちゃんと気づいてるかなあ。 それと、タンタンシリーズの登場人物はほとんど大人だけど、「チャン」だけは唯一「同世代」、というところも特筆しておかねば。特筆というと、もうひとつ。ほとんどの作品では、スッキリ事件解決、で終わるのに対し、この巻だけは、結局ワルモノは居ず、「ミグー」が寂しく見送る…、という終わり方をしているので、読後感が他の作品とは違います。その点でも「チベット」は特異性が高くて、「この1冊」的性格がますます際立ちます。と言うわけで、他の巻も大好きだけど、この際いろんな意味を含めて、「この1冊」には『タンタン チベットをゆく』を、推しまくりたいと思います!

    なまくらトックさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。