本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

しょうぼうじどうしゃじぷた

高いビルにはしごをのばして火を消すことのできる、はしご車ののっぽくん。たくさんの水で激しい炎も消すことのできる高圧車のばんぷくん。けが人を運んで助ける救急車のいちもくさん。大きくて立派な働きをするみんなは、いつも小さな消防自動車じぷたを「ちびっこ」あつかいしていました。でも、道がせまい山の中で火事がおこりました。このままでは山火事になってしまいます。そんなとき、出動を命じられたのはなんとじぷたでした。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1966年06月10日
ISBN : 978-4-8340-0060-3
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(25件)

  • はじめてお話を知ったのは、ある劇団の人形劇を見た時でした。乗り物が大好きな兄弟(当時3歳、1歳)は、とても喜んでいました。本屋さんで見つけた時弟がこの本がほしいと選び、兄は幼稚園で読んでいたようで、内容を詳しく話してくれました。「ちびっこでもかっこいいんだよ」頼もしいじぷたが我が子のようで、応援しながら読んでしまいました。

    みくさん
    お子さんの年齢:4才

  • くもんのすいせん図書に入っており、教材にも使われていることから購入してみました。古い絵本のようですが、じぷたの一生懸命な姿に心打たれたようです。

    もかさん
    お子さんの年齢:3才

  • もう買ってから、結構経ちますが 今も楽しく時々読んでいます。じぷたが最後に人気者になって良かったといつもこの本を読んで思います。

    pegirugeさん
    お子さんの年齢:小学高学年

  • 小さなじぷたが、がんばって火を消すところが好きだそうです。

    桑久保航世さん

  • 体の大小、年齢の老若、経験の多い少ないなど、人それぞれの差はあっても、誰もが活躍できる場所が有ることを教えてもらえる、うれしくなる話ですね。じぷたを始め、消防署の車の「目=ライト」が、とてもかわいらしいと思います。

    鈴木善雄さん

  • 消防自動車、救急車、パトカーが大好きな孫に購入しました。本が大好きだった息子たちとは違い、体を動かすことが大好きな子ですが、家に遊びに来た時に読み聞かせたいと思います。昔を思い出しながら、一緒に楽しみます。

    ottoさん

  • 息子は絵本と乗り物に興味があるみたいで、真剣に最後まで聞いてくれました。月齢があがる度に、どんな反応を見せてくれるか楽しみです。

    J・Jさん

  • コンプレックスを抱えながらも実直に勤めを果たし、周囲に理解されるようになるじぷたの姿に感動致しました。我が子はどのように育つものか分かりませんが、粘り強く物事に取り組める子になればと思います。

    荒木琢也さん

  • 自動車の名前がステキです。絵も物語も古さを感じさせない。小沢牧子さんのエッセイの中で紹介されていた本で、おもしろそうなので買いました。その通り、とてもいい本でした。世代を問わない一冊です。

    西村昌明さん

  • 子どもが急に「じぷた読んで」と言うので「家にはないよ」と言うと「保育園…」と言います。どんな本だろう?と迷いながら本屋さんで聞くと、平積みされていました。クラッシックなお話なのに、ずっと人気ってすごいなと思いました。

    池田留伊さん

  • 3人の息子たちに読んだこの絵本、子どもたちのお気に入りでした。3歳の孫にも読み聞かせやりたいと思い、購入しました。

    じょう君ばあばさん
    お子さんの年齢:3才

  • 保育所で、消防署に見学に行きました。そこから消防士さん、レスキュー隊、救急隊に対するあこがれがあり、遊びでも自分がなりきります。保育所のお友達も含め、消防士ごっこが始まるようです。絵を描いていても、赤い火を水色、青色で消しています。この絵本は子供(孫)の好奇心を満たす本でした。孫と一緒に絵本の世界を楽しみたいと思います。

    まきちゃんさん
    お子さんの年齢:3才

  • 私はいつもみんなの役に立つことができず終わってしまう時があります。でも、そんな私に元気をくれたのは、この本でした。自分の良さがあれば役に立つことができるということをわからせてくれました。私はこの本を読んで、これから出来ることを増やそうと思いました。

    堂前 千尋さん
    お子さんの年齢:小学高学年

  • 乗り物好きな息子に購入しました。普段はトミカやプラレールで遊ぶことが多いのですがこの本をとても気に入り、もう一度、もう一度、と3回連続で読み聞かせをしました。車の名前も覚えやすく、車体も細部まで描かれているので迫力があり、1ページごとに何度も指をさしていました。色の使い方も優しく、とても読みやすい1冊です。

    お子さんの年齢:2才

  • 小学校で読みきかせボランティアをしています。6年生の担当で、2月に読む本として選び図書館へ行ったところ、蔵書扱いになっていました。少し借りにくいなと思っていたところ、本屋で見つけたので購入しました。私が生まれる前の絵本ですが、みんなそれぞれ価値があるんだよ、というメッセージが伝わればいいなぁと思って読ませて頂きます。

    みつこさん
    お子さんの年齢:小学高学年

  • 実家の母が大切に保管していたじぷたの本。約30年前に買った本を私の息子へ読んでくれました。それ以降じぷたが大好き。ついに自宅用にも購入しました。消防署へ行っても、はしご車やポンプ車ではなく、じぷたへまっしぐら。そんな息子がかわいくてたまりません。

    田部 加那子さん
    お子さんの年齢:2才

  • 長男が3歳くらいの頃、病院の待ち合い室で初めてこの絵本を読みました。昔ながらの絵で、しょうぼう車も今とは違う型ですが、息子は何度も何度も読んでといいました。病院に行くときは「じぷたくんのある病院へ行こう」と話していたくらいでした。最近この病院へすごく久しぶりに行ったとき、改装していてじぷたくんが見つかりませんでした。今度は家で、次男三男に読んであげたいなと思い購入しました。いつの時代でもしょうぼう車はヒーローです。小さくてもがんばるじぷたくんが子供たちは大好きです。

    アコままさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 私自身が子供の頃に読んで、大好きだった本です。内容はうっすらとしか覚えていませんでしたが、ぜひ自分の子供にも読み聞かせをしたいと思い購入しました。2歳になる息子は自動車が好きで、絵本のすみずみまで食い入るように見ています。特に火事の現場のまっ赤なページは、目を奪われています。文章を理解できているのかは分かりませんが、小さなじぷたの活躍はきっと息子を勇気付けてくれることでしょう。

    えいたさん
    お子さんの年齢:2才

  • 居住するマンションのkids roomで、ささやかなお話し会をしています。読み手は2人(60代と50代)、図書館で絵本を借りますが、自分用に再び絵本を買いはじめました(子育て時代のものはもう古くなって汚れていて…)。子どもたちに安心して自信を持っていつでも読みたい本の1つとしてこの絵本を選びました。storyもことばもリズムも大好きです。絵はとくに。男の子向けと思っていたのですが、女の子が選んでくれた時には感動しました。

    中嶋 信子さん
    お子さんの年齢:3才

  • あまりのりもの好きではない娘が面白いと言った絵本です。子どもはちいさいものが大きなものよりも勝っている絵本、お話が大好きなようです。子どもたちは大人たちに比べてちいさいから自分達とシンクロさせているのかもしれませんね。みなそれぞれ個性が大事と言うことも教えてくれているようです。

    まおるさん

  • 消防車って、車大好きな子供にとっては憧れの存在。そんな消防車を題材にしたお話とくれば、男の子なら一度ははまる絵本の1冊ではないかと思います。息子も気に入っていて、もっと早くに読んであげればよかったなあと思った1冊です。ただいま年中です。みんなそれぞれ違うけど、みんなそれぞれに得意分野があるの。小さいからって自分を卑下する必要はないんだよ~。なんていうそんなメッセージにあたたかいものを感じます♪

    さやぽん☆さん

  • 投稿者はもう40歳になりましたが、幼児期の記憶に強く残った本でした。最近、わが子に読んでやったところ、同じように喜んでいるのをみて、この本は名作だったと改めて感じました。消防車たちの気持ちが、そこはかとなく現れている絵が印象的です。実に、細部まで正確な描写をしつつ、消防車たちに感情を持たしている山本忠敬氏の絵が子どもに訴えるのでしょう。私が子どもの時もそうだったのだろうと思います。子ども時代好きだったもう一冊の絵本、『とらっくとらっくとらっく』も早く読んでやりたいと思っています。先日、新聞紙上の追悼記事で山本氏が亡くなられたことを知りました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

    セイウンスカイさん

  • 半人前扱いしかされていなかった小さいじぷたの大活躍に、小さな子ども達は自分達の姿に重ね、心躍らされるのではないでしょうか。3歳半頃から子どもは周囲が見えてくるようになり、人と比べて劣等感を抱くことも。そんな年頃の子ども達にぴったりな一冊だと思います。

    ハイディさん

  • なつかしの絵本です。12歳年下の妹が買ってもらい家にありました。それから私は幼稚園教諭になり教え子に毎年読んでおりました。今度は我が子に読むときが来たようです。この本は(どの本もそうですが...)読み手にも聞き手にも緊迫感のある場面を体験出来ると思います。読んでもらっている子供たちのくいいいるような目、表情が忘れられません。

    ☆ぴーまん☆さん

  • 1歳をすぎた頃、文字が多いので「ちょっと早いかも?」と思いながらも息子にあたえた絵本です。でも、車が好きな息子はすぐにこの絵本が気に入ったようで、読んでといわんばかりに私のところに持ってきました。最初はただページをめくっていくだけだったのですが、2歳近くになる頃には最初から最後のページまで聞けるようになっていてビックリしました。この絵本には、『じぷた』というちっびこ消防自動車や、はしご車、救急車などが主人公になって登場します。車好きの男の子なら、お気に入りの絵本になる可能性大の一冊だと思います。

    じゅんちこさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。