本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ひとりになったライオン

リアルに描かれた親離れしたライオンの一日

わかいライオンが親離れして、ひとりで暮らすことになった。これからは、お父さんに会うことも、お母さんが獲ってきた獲物を食べることもできない。どうやって生きていくのか心細くなった。でも、自分の力でやっていくしかない……。舞台はアフリカの大地。リアルに描かれたライオンは迫力満点。群れを離れてひとりで狩りをする過程を通じて、失敗しながらも成長していくライオンの姿が表現されている。大自然の厳しさを知る貴重な一冊。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

夏目 義一 文・絵
カテゴリ : 絵本
定価 : 本体1,400円+税
ページ数 : 32ページ
サイズ : 24×31cm
初版年月日 : 2017年04月20日
ISBN : 978-4-8340-8331-6
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(2件)

  • かがくのとも「ときがとぶそら」は感動の一冊でしたが、この「ひとりになったライオン」もずっと心の中にあり、沢山の方々におすすめしたい本です。落ち着いた展開ではありますが、絵を見ると凄い迫力で「これでどうだ!!」と迫ってきます。そして裏表紙の後ろ姿のライオンの様子を見て安心して本を閉じることができました。

    菅野 千鶴子さん

  • 表紙に一目ぼれし、店頭に3回行って「やっぱり いい!」と購入しました。少し大きい本、絵のダイナミックさ、がっかりしたライオンの顔…。小、中学校の体育祭、運動会の前にクラスの団結力や仲間意識をはぐくむのに良いかな?又、自立や命についても考えられる気がしました。

    胡桃沢 園恵さん
    お子さんの年齢:中学生

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。