本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

あずき

おいしいあずきができるまでを見つめます

おめでたい席には「お赤飯」、お正月の「お汁粉」、ひな祭りの「よもぎだんご」、こどもの日の「かしわもち」など様々な行事で、あずきを使ったお菓子や料理が食べられてきました。なぜ、おめでたい席に、あずきを食べるのでしょうか? それは、あずきの赤い色にある思いが込められているからなのです。あずきの生長を見ていきながら、その赤い色が出来るまでを観察し、そこに込められた思いに迫ります。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 990円(税込)
ページ数 : 28ページ
サイズ : 26×24cm
初版年月日 : 2018年11月10日
ISBN : 978-4-8340-8427-6
シリーズ かがくのとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~
    • 限定

みんなの感想(10件)

  • 今はあんこが嫌いという娘のために購入致しました。必ずいつかあんこが大好きになる日を楽しみに読んでいます。

    かめさん
    お子さんの年齢:4才

  • 今年度の食育のテーマが“豆”で枝豆を育てたりみその仕込み、きなこ作り、おはぎ作り等をしていきました。小豆を煮込んでおしるこ作りをする前に、導入教材として読ませて頂きました。キレイなイラストと分かりやすい文章で、集中して子どもたちも絵本を見てくれました。育ちを知り、小豆が様々な食品になることを知ってからクッキングをおこなったことで、子どもたちも愛着を持って「美味しいね!」と、「小豆ってすごいね」と、言ってくれました。丁度良いタイミングでこの作品と出会えてとても嬉しく感じました。

    ゆみさん
    お子さんの年齢:4才

  • 親の私でも「へぇ~!!」となる内容で、勉強になりました。もうすぐ4歳になる我が子は、たいやきを買いに行こう!と楽しんでいます。今はあずきの豆でしか見られませんが、1粒まいてみようかなと思いました。

    モモンガさん
    お子さんの年齢:3才

  • 書店で、孫が遊びに来た時に読む本をさがしていた時に見つけました。孫はまだ1歳なのでこの本はむずかしいのですが、あずきができるまで(あずきの花、実のなりかた)が解りやすく書いてあり、いずれ孫も見てほしいと購入しました。私も楽しみました。

    みよぴょんさん

  • あずきの1つぶから、こんなに多くのあずきができるのにびっくりした。かわいい花さくんですね。

    ゆうちゃんさん

  • 近所のおじいちゃん、おばあちゃんに教えていただきながら、初めての農業を楽しんでいます。小豆も畑で育てていますので、夏休みに来た孫達に、さやから豆を取り出す作業を手伝わせたことがあります。お行儀よく並んだ赤い豆に歓声をあげていたことを思い出します。今年も遊びに来ると思いますので、その時に読ませようと思い購入しました。

    仲井間淑子さん

  • 私自身、若い頃は洋菓子派でしたが、30歳を過ぎた頃から和菓子派となりました。あずきがどのように育つか不明だったため、思わず購入しました。小さなお子様だけでなく、大人も勉強になる1冊です。

    山中由紀子さん

  • 荒井真紀さんの作品は描写が緻密で、しかも生命が小さなものの中につまっていることを教えてくれます。是非新作を期待しています。

    杉渕直文さん

  • 本やさんで自分で選び「よんで~!」と持ってきました。あずきが成長する過程にくぎづけ!!1/20の4歳のB.Dプレゼントに選びました。B.D当日は、おばあちゃんがよんでくれました!

    みかんいろの夕焼けさん

  • 「かがくのとも」を定期購読しています。毎号親子で「へぇ~」と言いながら、楽しく読んでいます。親の方がハマってしまい、楽しみにしています。『あずき』もそんな作品でした。子どもが「たいやき食べたい」と言うので、『あずき』のことを思い出しながら、一緒に食べようと思います。

    Mさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。