本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

おじいちゃんの小さかったとき

令和時代に、昭和時代の話をお孫さんとしてみませんか?

 ビー玉、めんこ、チャンバラ、イナゴとり……どれも昭和の懐かしい暮らしの一つ一つです。 この本は、1950年代から1960年代ごろの子どもたちの暮らしを描いた『父さんの小さかったとき』(1988年刊行)をあらためて作り直した本です。 ぜひ、お孫さんと一緒のときにこの本を広げて、一緒に読みながら、ご自身の昭和時代の体験を語ってあげてください。大好きなおじいちゃんの言葉が子どもの心に深く染み渡ります。★★★本書は1988年刊行の『父さんの小さかったとき』待望の改定版です。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学中学年から

カテゴリ : かがく絵本・図鑑
定価 : 1,760円(税込)
ページ数 : 72ページ
サイズ : 26×24cm
初版年月日 : 2019年09月15日
ISBN : 978-4-8340-8476-4
シリーズ 福音館の科学

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 5・6才~

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学低学年~
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学高学年~
    • 文庫版
  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 小学中学年~

みんなの感想(3件)

  • 90歳の認知症の進んだ父が「父さんの小さかったとき」を毎日くり返し読んでいます。1分前のことも忘れるので、毎回とても懐かしくなるのだと思います。80歳になる父の弟も父と同じく心身がおとろえて、昔のことをくり返し話しています。そこで、この本をプレゼントしようと思いました。きっと父同様、くり返し楽しんでくれることでしょう。だれもがもつ、大好きな「とるにたらないこと」それが人生の「ねっこ」だと思います。ちなみに「父さんの…」は20年ほど前、私の琴線にふれ、購入しておりました。

    鈴木 和枝さん

  • リアルな絵で少しむずかしいかとも思いましたが、真剣に読んでいます。ゲタですら実物を見たことのない我が子。見たこともない道具や遊びの絵を不思議そうに見ています。TVのチャンネルをまわすこと、家にTVがなかったこと、おやつが野菜だったことに驚いていました。親の話より、息子の中に知識が入りやすいようです。楽しめました。

    ルートさん

  • 昔をなつかしくおもっています。今でもあのころの記憶は、はっきりおもいだせます。孫が3人いますが、3人にこの本をおくりたいと思います。

    シギンさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。