本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ぐりとぐら

お料理することと食べることが何より好きな野ねずみのぐりとぐらは、森で大きな卵を見つけました。目玉焼きにしようか卵焼きにしようか考えたすえ、カステラを作ることにしました。でも、卵があまり大きくて運べません。そこでフライパンをもってきて、その場で料理することにしました。カステラを焼くにおいにつられて、森じゅうの動物たちも集まってきます……。みんなの人気者ぐりとぐらは、この絵本で登場しました。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1967年01月20日
ISBN : 978-4-8340-0082-5
シリーズ ぐりとぐらの絵本

その他の仕様 +

おなじシリーズの本

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
    • セット
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~

みんなの感想(97件)

  • かすてらができたページを開くと「わぁ」と手をたたいて喜んで、とても楽しそうにみています。

    ひろさん
    お子さんの年齢:1才

  • ぐりとぐらシリーズ可愛くて大好きです!毎晩楽しく読んでいます!

    Nさん
    お子さんの年齢:2才

  • ぐりとぐらおもしろかった。

    渡邉 心菜さん
    お子さんの年齢:4才

  • もうすぐ2歳になる息子へ購入しました。少し早いかな?と思ったのですが、かわいいたくさんの動物が登場するので、嬉しそうな顔をして聞いてくれています。

    はやちゃんママさん
    お子さんの年齢:1才

  • 小学校教諭です。本当は図書館で借りようと思ったのですが、コロナの為閉館…。でも、教科書(国語)に載っているし、こんな時期でも省略せず、教科書通り進めたくて購入しました。今はネットで本を買えますが、久しぶりに本屋に行きました。子どもたちも喜んでいました。

    K.Sさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 絵がかわいく、読んでいて癒されます!子どもに読み聞かせながら、大人も引き込まれていく作品です。

    はるなさん
    お子さんの年齢:5・6才

  • 保育園のときの発表会で、ぐりの役をしました。母と絵本のカステラも作りました。思い出深い、大好きな絵本です。私自身が母となったいま、こどもたちに読み聞かせていきたいです。

    ひかりさん
    お子さんの年齢:2才

  • おもしろかった

    れんくんさん
    お子さんの年齢:3才

  • 私自身小さい頃に読んでいた作品なので、子どもにも小さい頃から与えたいと思っていました。昔から大すきな作品です!!

    みときちママさん
    お子さんの年齢:2才

  • 子供の3歳の誕生日に、母からプレゼントでもらいました。卵が好きなので、卵のカラを車にするシーンが大好きなようで、毎日ながめています。

    ちえさん
    お子さんの年齢:3才

  • リズミカルに、テンポよく読んであげられる本だと思いました。そして、ぐりとぐらが相談しながら、どのようにすればよいのかこたえをさぐり、自分達の思いを実行する姿に何かを感じてくれたらと思います。シリーズも集めたいです。

    ukiukiさん
    お子さんの年齢:2才

  • ぐりとぐらの絵本は三人娘に毎晩読み聞かせしていました。その娘たちも結婚して子どもが生まれ、孫3人に恵まれました。海外在住の孫の4月の誕生日に絵本を送ることができず、6月からやっと航空便で送れます。待ちわびています。

    熊谷 博子さん
    お子さんの年齢:4才

  • 『ぐりとぐら』のシリーズは親子2代に渡って大好きな絵本で、4歳の娘は特に『ぐりとぐら』と『ぐりとぐらのおおそうじ』がお気に入りです。大きなタマゴで「プリンやケーキを作ってみたい!」と夢を語ってみたり、タマゴの殻で作った車や、ぐりぐら自身がぞうきんやホウキに変身するなど、ユーモアあふれる発想が楽しいようです。

    ゆりさん
    お子さんの年齢:4才

  • 自分が子供の頃に読んだ本を息子にも読んであげたいと思い、購入しました。久しぶりに読みましたが、やっぱり心がほっこりする本でした。息子が大きくなったときに、また孫に読んであげたい一冊です。

    もずくさん
    お子さんの年齢:0才

  • 母方の叔母さんが「いい絵本よ。読んであげてね」と私にプレゼントしてくださいました。彼女の職業は保母さんでした。ぐりとぐらが好きすぎて、本は糸もほつれページもぼろぼろになったけど私がはじめて出会った思い出いっぱいの大好きな絵本です。

    たむたむさん

  • 昔からお菓子作りが好きで資格も取って子どもを授かったら絶対に買おうと思っていた絵本です。娘はまだ0歳児さんで読めるようになる日は遠いですが、たくさん読み聞かせして将来的には食育につなげていけたらと思っています。

    ほのママさん
    お子さんの年齢:0才

  • 何年も読み続けている大好きな絵本です。保育士として赴任した園は、あまりにも本がボロボロ、そして数が少なく、園によって考え方も色々なのだとがっかりしていました。本屋さんにやっと出かけることができ、真っ先に手にしたのが『ぐりとぐら』です。また少しずつ増やして子どもたちに届けたいと思います。

    深澤 美穂さん
    お子さんの年齢:3才

  • まだ0歳ですが、じーっと見つめて聞いてくれました。リズミカルでカラフルなところが読んでいて楽しかったです。

    米丸さん
    お子さんの年齢:0才

  • 子どもの頃、自分自身見たことのある絵本、与えるのが少し早かったのか、あきたり絵本の絵をたたいたりしていました。もう少し大きくなってから、どのように反応してくるのか楽しみです。

    すみすさん

  • ぐりとぐらがだいすきみたい。

    犬飼楓さん

  • “かすてら”がおいしそうでした。森の動物たちと仲良く分けあうのが、とてもうれしそうでした。子どもが何度も「よんで~」といいます。子どもの想像・創造力が豊かになりそうです。

    コン太さん

  • 学校で読み聞かせの授業で使いました。“おいしそう”“たべたい”などの読後の感想が聞かれました。とても良い絵本です。

    大野浩志さん

  • 5ヵ月の娘に、初めての読みきかせ本として購入しました。小学4年生のお兄ちゃんが読みきかせてくれたりと、誰にでも読みやすいのが良いと思います。理解しやすい絵もスキです。

    荒木麻美さん

  • 図書館で何度も読み、私が子どもの頃も大好きだった絵本。ついに購入しました。超ロングセラーであるこの本の魅力は何だろうかと、子どもの頃の記憶を呼び起こしてみると、キャラクターたちの表情がとても豊かで、本文とは別に子どもの頭の中でキャラクターたちが会話している姿が簡単に想像できるからかもしれないと思い、改めてこの絵本のすばらしさを感じました。

    ふみしんさんさん

  • 2歳の娘に昨年のクリスマスプレゼントとしてあげました。とても喜んで、毎日自分で見たり読んだり、ママが読み聞かせしています。お気に入りのページは、ぐりとぐらがカステラ作り中に、動物がいっぱい集まってくるところです。私もぐりとぐらの絵本を読んで成長したので、娘たちにもこれから少しずつ、ぐりとぐらの絵本シリーズを読んでいってあげたいと思っています。

    ゆーママさん

  • 有名な本と知っていたが、正月に出会ったので買ってみた。孫は幼稚園に同じのがあるというので、孫に読んでもらった。一生懸命読んでいるので、おわりの方は私も一緒に読んだ。卵のカラの自動車はどうやってうごくのかなーと孫は楽しかったらしかった。

    るーくんばあばさん

  • カステラが思わずたべたくなっちゃうような、ほっこりする絵本です。必要にせまられて料理をしていますが、この本を読むと楽しそうに作っているので、こちらまで楽しく料理ができそう。子どもに料理の楽しさを伝えることができる、素敵な絵本だと思います。

    くまさん

  • 父と母にプレゼントとして頂いた。子どもの心を育てるのに、とても大切な本。息子が友人と友情を育てていくのに、このような絵本を読み聞かせていきたい。

    増田聖士さん

  • ぐりとぐらは私もすきで、時々目に入れます。ぐりとぐらの指人形を作りましたので、本と送る為に買いました。いつ見ても楽しい本です。これからも5年、3年の子どもに向く本を教えて下さい。

    河田かつ子さん

  • 30年程前に息子、娘に読みきかせた絵本を今回は孫へ、絵本のプレゼント第1号として購入しました。30年前の絵本も未だ家にありますが、孫がこの絵本を大好きになってほしいという想いで、新しいものをプレゼントしました。ぐりぐらの世界観…永遠のベストセラー作品ですね。合わせて「てぶくろ」も購入しました。

    しほのばーばさん

  • おいしいものを作って食べる、それを分かち合うことこそ豊かであると、最近思っていました。この「ぐりとぐら」は、まさしくそれを体現していて、優しい気持ちになりました。私はひどく、意地の悪いおばあさんなのです。反省しているのです。クリスマスが来ます。私はケアハウスで母と2人暮らし。お金もあります。感謝の毎日を送らなくてはなりません。クリスマスには心して、優しい気持ち広い心を持たなくてはならない、と思いました。

    加藤伝七さん

  • 私自身がとても懐かしく、思わず購入しましたが、裏表紙を見たら3歳ぐらいが適正とあり…寝かしつけの時に少し長めの絵本を探していたので、それでもいいか!と読みきかせてます。たぶん本人は内容は分かってないのですが「ふわふわ」のカステラというフレーズや、森の動物が集まってきてうさぎやフクロウなど分かるものを見つけては、嬉しそうに見ています。これからも他のシリーズなど、続けて読んでいきたいと思います。優しいタッチのイラストが、大好きです。

    しろやぎさん

  • 40年前になりますが、自分の子育てついでに、小さな家庭文庫を(週1回ですが)開いていました。貴社の絵本は内容だけでなく、製本もしっかりしていて、子ども達に人気でした。最近、昔の文庫なかまと「絵本の読書会」をやっています。久しぶりに書店で「ぐりとぐら」を入手しました。版を重ね、227刷!おめでとうございます。

    パセリさん

  • 私が小さい頃読んで楽しいと思った絵本を息子に買ってあげました。息子は大喜びでページをめくっていました。大好きな卵を見るたび「ん!ん!」と指さしています。何年経っても色あせることのない素敵な絵本。これからも大切に読ませて頂きます。

    RNさん

  • ぐりとぐらは、私が小さな頃から知っている絵本で、一番好きな絵本です。森の動物達が集まって来て、かすてらを食べるシーンを娘と見て「この動物は何だ?」「うさぎさん!」とクイズを出して楽しんでいます。娘がもう少し大きくなったら、おなべでかすてらを一緒に作りたいです。

    中島幸代さん

  • 絵がかわいくて好きです。

    むっちゃんさん

  • 自分が子どもの頃、お母さんに読んでもらった記憶があり、私から自分の息子への誕生日プレゼントで、購入しました。まだ長い文章だと集中力が切れてしまう為、絵を見せて読んでいます。もう少し大きくなったら、ちゃんと読んであげたいです。

    そうピーさん

  • カステラを焼く場面が大好きで、毎日「よんで~!」と持ってきます。

    ときわさん

  • 子どもがまだ幼いので、内容は理解できませんが、イラストをじっと見て絵本に手を伸ばしているので、読み続けていきたいです。また、カステラを作るお話から、将来料理に興味を持って、一緒に作れるようになると良いなと思います。自分が小さい時に読んで、大好きだったぐりとぐらを我が子にも読み聞かせできることが、とても幸せに感じます。

    MIHOさん

  • 息子に読むにはまだ早かったかもしれません。内容は難しかったけど、大きなたまごや動物さんたちが出てくると、嬉しそうにしていました。

    みなとさん

  • 息子はまだ内容が分かりませんが、私自身がとても懐かしさを感じながら、楽しく読み聞かせをしています。世代をこえて受継がれる物語、本当に素敵だなと思います。

    Tommyさん

  • 料理作りや動物に目を向けるようになり、ピッタリの絵本で毎日「読んでくれ」とせがまれます。子どもたちに読んで、孫にと引き続きこちらも読んでいて、気持ちがホッコリとしました。

    小野田輝美さん

  • 私が幼少の頃に、よく読んでいた本。上の子達も読んでいましたが、汚れてしまったので再度同じ本を買いました。皆、大好きな本です。

    ちいさん

  • 毎日寝る前に、子どもにぐりとぐらを読んでいるのですが、気に入っていて、他の絵本もある中でも一番ぐりとぐらが好きです。とくに、大きなたまごでカステラを作るページが、大好きなようです。これからもたくさん、ぐりとぐらを読んであげたいです!!

    おさつさん

  • 3歳の娘と寝る前に毎晩読んでいます。私も幼い頃よく読んでいた、ぐりとぐらシリーズで一緒に楽しめます。「ぐりぐらぐりぐら」と声に出して、娘も大好きな本です。

    小黒加奈さん

  • 立ち寄った本屋で偶然見つけた「ぐりとぐら」。昔から好きだった本をこうして自分の子にも読んであげられるって、不思議な感じです。この子はどのシーンが好きになるかな?今から楽しみです。私はもちろん、かすてらができるシーン!

    フクフク太朗の母さん

  • 胎教のため、お腹の赤ちゃんに読み聞かせしようと思い、購入しました。小さい頃母に読んでもらった絵本の中で、1番印象に残っている絵本です。イラストも可愛く、生まれたらまた読んであげたい1冊です。

    Mさん

  • 私が子どもの頃に読んでもらった本を3歳の娘に読む日が来るなんて、思ってもいませんでした。とてもいい本は、ずっとずっと残っていくものなんですね。私の娘の子どもにも、いつか読んであげたいです。

    かづママさん

  • 自分が子どもの頃に読んで、ぐりぐらぐりぐらというリズミカルなフレーズがとても気に入っていたことと、最後のたまごの車に乗って帰るという結末が、驚きと同時に新鮮でとても楽しかったので、絶対に自分の子どもにも読み聞かせたいと思っていました。

    いのさん

  • 昔からある有名な絵本を中心に、子どもに読み聞かせています。あまりむずかしくなく、わかりやすい絵本が、子どもが喜んで反応してくれます!!(アーとかウーとかですけどね…)ぐりとぐらのような、私達世代も知っている本だと共感でき、新たな発見があり楽しいです。

    ミートさん

  • いつも子どもたちを楽しませていただき、ありがとうございます。

    MCLさん

  • 読んでやると、とてもよろこんでもう1回といいます。孫が非常によろこびます。

    加納幹子さん

  • 子どもよりも親である私の方が、この絵本を気に入っています。助け合うこと、分かち合うこと、工夫すること、食べること、料理etc。人が生きていくうえで大切なことが、ギッシリこの本にはつまっていると思います。さし絵の愛らしさに魅せられ、今年はカレンダーと絵ハガキを買いました。

    キュウゾウさん

  • 2人の息子が幼い時に読んでやった本を30年近くたって再び手に取って、懐かしい幸せな気持ちになりました。こんどは孫がこの本に親しんで、大人になった時に懐かしんでくれたらいいなと思います。

    林智子さん

  • 有名な絵本ですが、母である私が読んだことがなかったので選びました。ぐりとぐらが素朴で可愛く、色がごちゃごちゃせず、とても見やすかったです。娘は森の動物達が、かすてらを食べる場面が好きで「かにさんが2個も食べてる、ずるいねー」「かたつむりさんも小さいの食べてる」と、ぐりとぐらのお友達も大好きです。

    池ノ上あゆみさん

  • 2か月の子どもに絵本を見せましたが、ぐりとぐらを目で追っているようでした。私自身大変好きな作品ですので、子どもの成長の度に読んであげたいです。子どもの反応がどのように変わるか今から楽しみです。

    高橋哲生さん

  • 自分が子どもの頃好きだった本を同僚から娘の1歳の誕生祝いに頂き、読みきかせができるまで大切にあたためていました。おばあちゃんが読んでくれたようで、食べることが大好きな娘は、大きな卵に興味を持ったようですが、最後までは座っていられず、自分もままごとで卵料理を作りに行っちゃったそうです。本棚から娘が自分で持ってきたのは初めてだったので、これからもっと楽しめるようになるといいなと思っています。シリーズを少しずつ集めたいです。

    みーままさん

  • ぐり、ぐら、ぐり、ぐら、言葉のリズムがおもしろくて、しっかりと話を聞いてくれました。「これは何の卵?どうして大きいの?娘ちゃんもほしい!」と言われて、笑ってしまいました。大人も子どもも、ほしくなりますね。

    もももんさん

  • 童話が好きです。でも孫子がいませんので、自分の為にです。

    吉井一江さん

  • 少し大きめの絵本で、大きな絵が描いてあるせいか、くらいつく様に喜んで見ています。まだカステラは食べさせられないですが、早くこの絵本を見ながら食べさせてあげたいなぁ…と思っています。成長が楽しみになりました。ありがとうございます。

    まなみさん

  • 親子で楽しく読んでいます!!

    はなこさん

  • 私が小さい頃からお気に入りの絵本で、子どもが産まれたら初めての絵本として、よみきかせしてあげたいと思っていました。絵もお話もかわいく、みんなでたべものをシェアするやさしさを子どももいつかわかってくれたらと思います。まだ見てもわからないようですが、にこにこしてながめています。

    山中理紗さん

  • 3歳になった絵本が大好きな息子へ、そろそろ内容が理解できるころかなと読んであげたところ、とても喜んで絵本に釘付けになって見ていました。何度も「よんでー」と持ってきて、お気に入りになったようです。他にも「ぞうくんのさんぽ」「きのみのケーキ」「きんぎょがにげた」等、大好きでくり返しよんでいます。

    H.Nさん

  • どんぐりやくりをひろって何をつくろうかというシーンでは、わかりやすい絵なので、こどもが「きのこあるー」と言うので「ここには、まつぼっくりあるね」なんて話しながら、読んで楽しんでいます。大きなたまごを石でたたくとやっとわれましたというシーンでは、割れた絵がないので「たまご どこー?」「われたの?」などと言って、よくわかっていないようでした。たまごを割ると何が出てくるか、絵があったらよかったです。

    ボルマホイブさん

  • 私自身が小学生の頃学校の図書館で、何度も何度も借りて読んだ本です。とても楽しみながらお話に浸った思い出から息子に読んでやったところ、息子も大好きになり図書館でくりかえし借りていましたが、とうとう購入しました。

    尾川寿美さん

  • ぐりとぐらのシリーズが好きで、よく読んでいます。今は毎日、ぐりとぐらのかいすいよくを読んで欲しいと持ってきます。いろんな泳ぎ方をまねて、自分で泳ぐまねをします。

    ななはつにゃんさん

  • 「ぐりとぐら」「だるまちゃんとてんぐちゃん」を図書館で何度も借りてなお、医者の待ち合い等で置いてあると読んでと言うので、4歳の誕生日プレゼントにしました。とても気に入って、毎日読んでと言います。シリーズの他の本も少しずつそろえていきたいと考えています。

    しっぽさん

  • 学生の頃一度だけ読んだ事があり、今回娘が欲しがったのでなつかしい思いもあり、購入しました。読んでみてなつかしかったのと、子どもが選びそうな絵で良かったです。また機会があったら、買いたいです。

    みくママさん

  • ぐりとぐらのお話シリーズはたくさん出版されているので、内容がとても気になっていました。孫の幼稚園のグリーティングカードにぐりとぐらが使われていたので、読んであげようと思いました。「11ぴきのねこ」シリーズは(他出版)好きですが、これは興味を持ってくれるでしょうか…。ぐりぐりやなとちゃかしていましたが、内容(話のすじ)は理解して、最後はと問うと車になったと答えました。

    勇翔さん

  • 娘の3歳の誕生日にプレゼントしました。母親自身、小さな頃親に読んでもらっていた記憶があり、読みはじめるとぐりとぐらの歌も、リズミカルにうたうことができました。5歳の息子も喜んでいました。歌がある絵本が2人とも好きみたいです。(私が上手というわけでは決してナイ…)大きなたまご、みつけたらどうしようかな。わくわくしちゃう絵本です。

    しばあきいさん
    お子さんの年齢:3才

  • 自分が小学生の頃に好きだった絵本です。今読んでも楽しい気持ちになれました。2歳の息子はナベの中のカステラを指ですくって何度も食べる真似をしていました。また、動物が沢山出てきて皆でカステラを食べるページでは、動物の名前を得意気に言ってほほえましかったです。

    くいしんぼうやさん
    お子さんの年齢:2才

  • 父(91歳)のグループホームに寄贈。絵本は、高齢者にも最適です。大変喜ばれています。

    山口 髙司さん

  • ぐりとぐらシリーズ大好きな娘に、毎日のように読んでいます。娘は、最近公園に行くと「ぐりとぐらみたいに、枝と石集めてかまど作るんだー!」とたくさん集めてその上に葉っぱやドングリをのせてごっこ遊びを楽しんで遊びを広げています。

    うめももさん
    お子さんの年齢:3才

  • ストーリーがあってぐりとぐらが取り組む展開にほのぼのしました。次がどうなるのか楽しく読み進めます。絵も綺麗に描かれてます。

    キットさん
    お子さんの年齢:0才

  • まだ早いかな?と思いながら図書館で借りてみました。するととても気に入ったのか、何度も何度も持ってきて、読んでとせがまれました。あまりにも気に入った様子だったので、すぐに購入しました。大きなたまご、かすてら作りの様子、森の動物たちが集まってくる場面などが好きなようで、楽しそうにしています。1日に何回もひっぱり出しては「ぐりぐら」とつぶやいています。言葉を全て理解できていなくとも、魅力的な物語は子供を夢中にさせるのですね。ありがとうございます。

    清野 彩子さん
    お子さんの年齢:2才

  • 定年退職後、大学の司書コースへ入学、図書館司書の資格を取得しました。児童サービス論の講義の中で、絵本“ぐりとぐら”を教授から紹介され、一番心に残りました。生徒はもちろんのこと、孫が出来たら入園祝にと。中学校の図書館で勤務し絵本“ぐりとぐら”をレイアウトしました。そしてやっと孫にプレゼント出来ました。

    水藤 芳枝さん
    お子さんの年齢:4才

  • 35年前に1度子供のために買いました。その子が今子供ができて、2歳の女の子の母親です。ぐりとぐらのカステラのおいしそうな様子や最後にカラを使った車のことが記憶にのこっていて、ぜひ孫にも記憶に残ってほしいと思い買いました。動物達にカステラをわけてあげているところに、ホンワカします。

    トムトムさん
    お子さんの年齢:2才

  • 母親である私が幼少期に読み、非常に思い出深い絵本。フライパンで作る、大きくてふわふわしたカステラがとても美味しそうで「どんな味なのかな?」「食べてみたい!」と様々に想像を膨らませていました。子供に読み継ぎたい、絵本のベストセラーだと思います。センスの良い絵も大好きです!

    中山 友さん
    お子さんの年齢:3才

  • 私が子供の頃大好きだったぐりとぐらを3歳になった娘に買いました。案の定大好きになってくれて、1日に10回近く読むのをせがまれます。親子2代で楽しめるすばらしい絵本です。

    あぶみんさん
    お子さんの年齢:3才

  • 子供の頃から色々な場所で目にしていましたが、じっくりと読んだ事がなく、ぜひ我が子へと思い手に致しました。興味津々で最後まで聞いてくれました。動物たちがたくさんでてくる所が、お気に入りのようです。これからもたくさん読んであげたいです。

    リロさん
    お子さんの年齢:1才

  • 保育園の発表会が、ぐりとぐらでした。記念にプレゼントすると、「やったぁー!」と言って喜んでくれました。長年愛されている絵本の理由がよくわかりました。

    鈴木 良枝さん
    お子さんの年齢:2才

  • おもしろかったです。

    はるまさん
    お子さんの年齢:3才

  • 私が小さい頃から大好きな絵本です。カステラを大きなフライパンでぐりとぐらが作る絵はとても夢があります。大人の私が見てもワクワクするのですが、皆で分け合って食べるところが喜びを共有できる内容になっており、娘にもそうゆう優しい子に育ってもらいたいなーと思います。2歳頃になったら大型サイズの本も購入し、大きなカステラを見せてあげたいなーと今から楽しみにしているところです。

    アンチョビちゃんさん
    お子さんの年齢:0才

  • 娘が小さい頃によく読み聞かせをしていたぐりとぐら。私自身母に読んでもらい、大好きだったので娘も好きだろうなと読んでみたところ、当時は反応が薄く、えっ?!あのぐりとぐらだよ?おもしろくないの?と不思議でした。それがどっこい。8歳になった今、娘はとってもハマッています。タイミングってあるんだなと実感。

    篠村 幸恵さん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • 後半に連れていろいろな動物達が出てくるのが楽しくワクワクします。この、カステラはどんな味なんだろうと想像したりいろいろな角度から楽しめるので娘に購入しました。

    みみさん
    お子さんの年齢:2才

  • まだ子供は0歳だし、絵本なんてまだ早いんじゃないのかな??なんて思ってたけど、全然違かった。絵本を読んであげたら、すぐに釘付け。色や本の大きさが良いのかな??読み方にも工夫したら、声をあげて見てくれるようになってくれた^ ^この絵本をくれた友達に感謝!

    このはまるさん
    お子さんの年齢:0才

  • ぐりとぐらは、私が子どもの頃大好きだった絵本の一つです。話の内容も絵も本当に素敵で、今も大好きです。これからもずっと人気のある絵本であってほしいと思います。

    那琉海さん

  • 小学生の娘が大好きな本です家にはシリーズのぐりとぐらのおきゃくさまがあったんですが、学校の図書室で見つけてこの本を借りてきました娘いわく、「このカステラがたまらん」だそうです何度も何度も借りるので購入しました彼女の宝物になっています

    みいちゃんさん

  • 絵本にでてくるおっきなカステラ!!両親に数え切れないほど絵本を読んでもらいましたがあのカステラが出来上がった絵はとても印象に残っています。私だけでなく子供ならだれでもあれを食べてみたいと思ったはずです。私に子供ができたらこの絵本を読んであげて、その後一緒にあのカステラを作って食べたいです。

    ごぉさん

  • ずっとあこがれていて、いつかは子供に読んであげようとおもっていた「ぐりとぐら」。わたしにとっては幸せの象徴です。絵が可愛くって大きく引き伸ばしてポスターにしたいくらい。お話の中の、大きなカステラも魅力的なんですが、卵の殻で作った大きな車も、子供にはツボなようです。昔からずっと変わらぬ、絵本界のカリスマといっていいと思います。

    よつさん

  • 私が幼いころに何度も何度も読んだ、大好きな絵本です。やさしいお話、かわいらしい挿絵・・・いいものは何十年たっても読み続けられるのだなあと思います。20年経った今、娘が読んでいます!

    aya21さん

  • 幼い頃、この絵本を読んで無性にカステラを食べたくなったのを覚えています。ぐりぐらぐりぐら。ことばの響きもとても素敵で、子どもたちにも愛され続ける絵本だと思います。図書館の児童カウンターでアルバイトをしていても、ぐりとぐらシリーズの絵本を借りていかれる来館者の方が大勢いました。親子で読む一冊としても、おすすめできる絵本です!!

    さーぼーさん

  • 現在、5ヶ月の女の子の母親です。私自身今も読書が欠かせない本の虫ですが、それもこれも幼い頃からの読書にあると思っています。この「ぐりとぐら」は幼少時から私の大好きな絵本でした。母親になったら是非子供に読み聞かせようと思っていました。そして、すでに今、娘の一番好きな絵本になっています。機嫌が悪い時も「ぐり、ぐら」と掛け声をかけるとニコニコします。これからも続編を少しづつ読んでいってあげたいと思っています。大好きな「ぐりとぐら」は私達母娘の日課です。

    ぬんさん

  • 正直こんなに気に入るとは思っていませんでした。ぐりとぐらが歌う場面では、立ち上がって私流の節に合わせて足を踏み鳴らして踊ります。毎日の読み聞かせで息子が必ず手にする一冊になりました。

    まさたろうさん

  • 「あなたが一番好きな絵本は?」と聞かれたら、迷うことなく『ぐりとぐら』を挙げます。小さかった頃、おやつの時間に「何が食べたい?」と母に聞かれる度に、「ぐりとぐらのカステラ」と答えていました。(尤も実際に出てくるのはカステラではなくホットケーキでした。)子どもなら、いや大人だって誰でも好きになってしまう一冊だと思います。

    ハマダヒロさん

  • 「絵本」と聞いて思い出すのはやっぱりこの「ぐりとぐら」とても大好きなシリーズなのですが、子どもの頃、なぜか帽子をとった二人を怖く感じて、帽子の無いシーンの時は顔を斜めにしながら、二人を見ないように努力しながら読んでいたことを思い出します。

    Kayakさん

  • 子どもたちが大好きな絵本でした。何度も引越しをするたびに本を大量に処分したのですが、大きくなってもこの本だけは処分できなくて、高校生になった今も本棚からときどき取り出しては眺めています。

    ももたろう母さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。