本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

100

「100」って、いったいどのくらい?

「100」って、いったいどのくらい? “いっぱい”っていうことはわかるけど、イメージしようとすると難しい……。この絵本では、どんぐり、貝がら、輪ゴムなど、子どもたちの身のまわりにあるものを100ずつ集めてみました。積み木が100個あったら、どんなお城ができるかな? 100匹の金魚がおよぐ水槽はどんなだろう? 自然光を生かして撮影された美しい写真で「100」をまるごと感じてください。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 990円(税込)
ページ数 : 24ページ
サイズ : 21×24cm
初版年月日 : 2020年02月10日
ISBN : 978-4-8340-8528-0
シリーズ 幼児絵本ふしぎなたね

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • かがく・図鑑

    • かがく・図鑑
    • 4才~

みんなの感想(6件)

  • カラフルで楽しい絵本、視覚で数を感じる事ができておもしろいです。読みきかせの添え本として用意しました。

    はなさん
    お子さんの年齢:3才

  • 「数学セミナー」2020・6月号(日本評論社)に名久井直子氏のインタビュー記事が載っていました。この本は幼児だけでなく大人にも感動を与える本だと思います。科学の視点をパラリとふりかけてあるような、科学の何かを感じます。

    おばさん

  • 2歳半になる娘ですが、これまで数を数えるは常に「1、2、3、4・・・」で、100という数を数えたことはありませんでした。「1」の次のページに「100」があるなんて、私からしたらすごく斬新で、目からうろこだったし、子育て、物の数え方の新たな視点を与えられたような気がしました。是非人にもすすめたいと思います。写真もきれいどもが何度も楽しんで見ています。

    つーままさん
    お子さんの年齢:2才

  • 1〜13までの数がかぞえられるようになった3歳の娘。”100”という数は初めて聞いたかもしれません。これまで彼女にとって、たくさんといえば10だったのが、100という数に出会い、その数量を写真で見てどのように感じたのか…。まだわかりません。これから繰り返し読む中でその変化を共に感じていきたいです。

    mamekoさん
    お子さんの年齢:3才

  • 想像する力は無限ですーと、思わせてくれる1冊!

    まゆたさん

  • 図書館で借りてから、大好きになりました。1と100という数字(言葉)もわかるようになり、1から100まで数えてみたり、1を手でさすったら100になった!指でつついたら100になった!など、遊びながら見ていたら、本のとりこになっていました。図書館に行く度に「100の本を借りる!」と言っていたので購入しました。購入してからは、毎日寝る前に何度も読んでいます。たまに子どもが読んでくれるので、子どもの成長を感じ嬉しい気持ちになります。

    ゆのさん
    お子さんの年齢:3才

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。