本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

絵本画家 赤羽末吉

スーホの草原にかける虹

戦前・戦中・戦後を生き抜いた絵本画家の生涯

『スーホの白い馬』で知られる絵本画家・赤羽末吉。三男の妻として身近に接した著者が、その仕事を振り返りながら戦前・戦中・戦後を力強く生き抜いた画家の生涯を辿る。東京下町に育った子ども時代から青年期に渡った旧満州(中国東北部)での生活、戦後の引き揚げによる数々の試練、そして絵本画家となり子ども達のために描き続けたその軌跡を豊富な資料とともに紹介し、“絵本画家赤羽末吉”の原点に迫る。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    子どもにかかわるすべての人に

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体2,500円+税
ページ数 : 610ページ
サイズ : 20×15cm
初版年月日 : 2020年04月25日
ISBN : 978-4-8340-8550-1
シリーズ 福音館の単行本

その他の仕様 +

作品についてもっと知る


 
目次
プロローグ−出会い

第一部 誕生ー絵本画家の種と芽吹き
 第一章 「江戸っ子だってね」
 第二章 暗い青春の中でも

第二部 大陸
 第一章 大連へ
 第二章 心に灯がともる
 第三章 転職
 第四章 日本画家、赤羽末吉の誕生
 第五章 大陸旅模様
 第六章 日々の暮らしから
 第七章 スーホの草原へ

第三部 敗戦
 第一章 新京の終焉
 第二章 引き揚げ
 第三章 緑豊かな国、日本

第四部 絵本画家への道
 第一章 再出発
 第二章 『かさじぞう』の雪
 第三章 『スーホの白い馬』の誕生

第五部 絵本に思いを込めて
 第一章 「鬼の赤羽」の絵本づくり
 第二章 国際アンデルセン賞受賞
 第三章 『かさじぞう』の贈り物ー舞台美術の仕事
 第四章 中国再訪

第六部 死
 第一章 人生最後の創作絵本『おへそがえる・ごん』 
 第二章 父の声

エピローグ

あとがき

参考文献リスト

赤羽末吉年譜

赤羽末吉作品リスト(児童書)
父・赤羽末吉ー子どもの潜在的な感性の力を信じる 赤羽研三

とじる

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 一般
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般

みんなの感想

まだ感想がありません。ぜひお寄せください。

感想を書き込む

福音館の最新情報

フォローする

  • 福音館書店 facebook
  • 福音館書店 twitter
  • たくさんのふしぎ facebook
  • 母の友 facebook

あのねメール通信の登録

著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。