本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

絵本画家 赤羽末吉

スーホの草原にかける虹

戦前・戦中・戦後を生き抜いた絵本画家の生涯

『スーホの白い馬』で知られる絵本画家・赤羽末吉。三男の妻として身近に接した著者が、その仕事を振り返りながら戦前・戦中・戦後を力強く生き抜いた画家の生涯を辿る。東京下町に育った子ども時代から青年期に渡った旧満州(中国東北部)での生活、戦後の引き揚げによる数々の試練、そして絵本画家となり子ども達のために描き続けたその軌跡を豊富な資料とともに紹介し、“絵本画家赤羽末吉”の原点に迫る。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

    子どもにかかわるすべての人に

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体2,500円+税
ページ数 : 610ページ
サイズ : 20×15cm
初版年月日 : 2020年04月25日
ISBN : 978-4-8340-8550-1
シリーズ 福音館の単行本

その他の仕様 +

作品についてもっと知る


 
目次
プロローグ−出会い

第一部 誕生ー絵本画家の種と芽吹き
 第一章 「江戸っ子だってね」
 第二章 暗い青春の中でも

第二部 大陸
 第一章 大連へ
 第二章 心に灯がともる
 第三章 転職
 第四章 日本画家、赤羽末吉の誕生
 第五章 大陸旅模様
 第六章 日々の暮らしから
 第七章 スーホの草原へ

第三部 敗戦
 第一章 新京の終焉
 第二章 引き揚げ
 第三章 緑豊かな国、日本

第四部 絵本画家への道
 第一章 再出発
 第二章 『かさじぞう』の雪
 第三章 『スーホの白い馬』の誕生

第五部 絵本に思いを込めて
 第一章 「鬼の赤羽」の絵本づくり
 第二章 国際アンデルセン賞受賞
 第三章 『かさじぞう』の贈り物ー舞台美術の仕事
 第四章 中国再訪

第六部 死
 第一章 人生最後の創作絵本『おへそがえる・ごん』 
 第二章 父の声

エピローグ

あとがき

参考文献リスト

赤羽末吉年譜

赤羽末吉作品リスト(児童書)
父・赤羽末吉ー子どもの潜在的な感性の力を信じる 赤羽研三

とじる

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 一般
  • 育児・絵本論

    • 育児・絵本論
    • 一般

みんなの感想(9件)

  • これまで、カードを書き投函したことはなかった。が、この本だけはなぜか書かなければ、出さなくてはいけない、との思いが頁とともに強くなった。それは筆者がとにかく真剣だから。義父を描くだけでなく、旧満州をていねいに述べておられる。まるで紀行文、現代史、そして日本史なのだ。このことは、かつてこの国が犯した大きな汚点と向き合わねば子どもたちに合わせる顔がなく、未来がないことを意味する。毎年12月31日『かさじぞう』を開く。日本に生きることを幸せに思い、気持ちを強くする。

    大屋の寅さんさん

  • 本書を購入したいと思ったのは、2020/5/30付の朝日新聞の記事の中で「スーホ」の文字を目にしたからです。「スーホの白い馬」をみたのは2015年にモンゴルの草原を馬に乗って帰ってからでした。本書は赤羽末吉画伯の生涯が、誕生から死まで時系列で作品とも読みやすくわかりやすかったです。又、楽しめたのは写真と絵が沢山あったことです。特に下絵のデッサン、スケッチは貴重です。茂乃さんの文章もお父さんに負けずにユーモアがあり、たいへん読みやすいものでした。好きな作者等①本書にも出てくる安野光雅の風景水彩画。②7月~に予定されていた貴社での赤羽末吉展がなくなって残念です。後日、開催をぜひお願いいたします。

    河原井 弘道さん

  • 5/30朝日新聞に赤羽茂乃さんの記事を見て、書店に取寄せてもらいました。読むのに時間がかかりましたが、さすが最も身近で接していた茂乃さん。細やかな調査と表現(全人格、作品)が伝わりました。女性(シニア)だけの朗読サークルをつくり、詩、童話、エッセイなど、順に朗読しています。「スーホの白い馬」は子育て中、子どもと読みました。その子が母親になり、孫にわが家の本を送ったので、自分用に購入。絵を見ながら朗読するのも楽しいものですよ。

    細野 悦子さん

  • 民話、影絵人形芝居、絵本。いつか読んだイルジ・トゥルンカはじめのチェコ童画の伝統のことを思い出しました。彼らの緑への想いと、赤羽さんの雪への想い、すばらしいですね。また、赤羽一家が引きあげ後、八代から八吉へ向かう旅を読んでいる時、球磨川の氾濫のニュースを知り、その部分の叙述が強く印象に残りました。子供や若者のお金や時間の使い方、モバイルやゲームにそんなに使ってもいいの、もっと他にも使えるよ、と感じてしまいます。幼いころ得たもの、感じたこと、いつまでも残るのに。

    K.K.さん

  • 6月半ば頃、本を求めまして、600頁ほどのズッシリしたご本ありがとうございました。未だ読んでいません。スナップ絵などの写真をめくっています。私、幼稚園で絵画指導をして、60年ほどになります。「紙芝居」日本の昔話を幼児、小学生にします。それを4切画紙に描きます。かさじぞうをする私は冬が待ち遠しく、何度も家で出し入れ、声を出します。「源平絵巻物語」十巻大好きです。

    清水 京子さん

  • 読みきかせで、楽しい世界を子どもたちと共有した昔、多忙にあけくれた保育者時代にあって、その時間は静けさと没我の一時でした。スーホの白い馬をはじめ、沢山の赤羽作品にふれさせていただきました。(当時の編集長、斉藤惇夫氏にも大変お世話になり、ご指導いただきました。)以来、折に子どもの本に関しての著書を、楽しく拝見しています。この本により、更に絵本が味わい深いものとなりました。

    カズエさん

  • ちひろ美術館東京で「遺作展」を仲間と見ました。あれから30年ー 身近な方が書かれた日常の画家の姿。それも決して気どらず、家族にはちょっと”めんどくさい”、でも茂乃さんには好奇心をかきたてられる色々の様子、ひきこまれて笑い、そして泣きました。こんなに書いて下さって”御両親”もどんなに喜んでいることか。私にも人間末吉の温かさが心に残りました。そしてよく調べられました。すごい。

    森尾 宏子さん

  • 新聞の記事を見て直ぐに書店で注文して取り寄せました。4日後に受け取った時は、思ったより本の厚さに驚きましたが、読み始めると面白くて止まらなくなりました。7日で完読。文章が平易なのと、興味ふかいエピソードの数々。ユーモアあふれる赤羽末吉さんの言動!「カセグような勉強はするな」という言葉は、特に印象深いものがあります。絵本がこれ程までに丁寧に真剣に作られていることに、衿を正して有難く読まなければとの思いを大にしました。(『おへそがえる・ごん』欲しいです)膨大な資料を丁寧にまとめられた赤羽茂乃さんに感謝です。満州引き揚げ者の私の一家で、昭和19年奉天生まれの私。父母の苦労が思われました。

    山本 圭子さん

  • 新聞記事を見てすぐネットで注文しました。私は幼児教育史の研究者です。歴史的に価値ある史料が捨てられたり、著名人の蔵書寄贈も活かされない事例を耳にしてきました。この記事からは受けついだ方の愛が伝わってきました。届いた箱を開けて本の厚さにびっくり、美しい装丁と読みやすい文字も含め、福音館書店の並々ならぬ気概を感じました。まだ初めと終わりを読んだだけですが、わくわく感が止まりません。『スーホの白い馬』の誕生には目を通しました。松居直氏には、逸材を発掘してデビューさせる「判断の的確さ」と、売れるかどうかの「勘の鋭さ」があったという社員の評に納得です。同時期、佐藤忠良氏が『おおきなかぶ』を描いている謎が解けました。

    畠山 祥正さん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。