本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

ちいさなねこ

小さな子猫がお母さん猫の見ていない間に、ひとりで家の外へとびだしました。外には危険なものがいっぱい。子どもに捕まりそうになったり、車にひかれそうになったり、大きな犬に追いかけられたり。その度に危機一髪で難を逃れるます。とうとう追いつめられて鳴いていると、お母さん猫は子猫の声を遠くからでも聞きつけてちゃんと探してくれました。お母さん猫はしっかりと子猫をくわえて家へ帰って行きます。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 本体900円+税
ページ数 : 28ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1967年01月20日
ISBN : 978-4-8340-0087-0
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 2才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(3件)

  • この絵本は幼い子におどろくほど人気があります。やんちゃなこねこがひとりで大冒険をして、一難去ってまた一難、危機一髪のところでおかあさんねこが駆けつけて助けてもらう、そしてうちにかえっておかあさんのおっぱいをのむ、というそれだけの短いお話ですが、こねこと自分をすっかり重ね合わせているのでしょう。こねこにとっては、人間の子も車も犬も、とても大きく見えるし、絵の中のこねこはじっさいちっぽけに見えるように描かれています。一方のおかあさんねこは、人間や車と比べても、堂々と大きく見えるように描かれています。こどもにとっての現実もまったくそうなのでしょう。「あぶない!」と息をつめ、「よかった!」と胸をなでおろし、をくりかえし、最後の場面を見守る表情も満足気です。この絵本は猫好きの娘たちもかなり気に入っていたと思いますが、いちばん好きだったのは末の息子でした。入園前ぐらいのころは何度も何度も読まされ、小学校に入って字を覚えた今、好きな本だからと久々に借りてきて、はじめて自分で声に出して読み通した記念すべき絵本になりました。

    NORISさん

  • 小学生の頃、1年生か2年生だったと思いますが、学校の図書室で見つけて読みました。動物好きであったこともあり、このチビちゃんがどうなるのだろうとヒヤヒヤしたこと、お母さん猫に会えた時心からホッとしたのを今もリアルに思い出せます。その後、仕事場で、子育てで、お話ボランティアでフルに使わせていただいています。

    おっかさん

  • 動物が登場する絵本の挿絵って、可愛らしくデフォルメされたものが多いと思うのですが、『ちいさなねこ』の挿絵は今にも動き出しそうなくらい、リアルでいきいきとしています。余計な物も一切描かれていません。それでも、息子はこの絵本が大好き。1人で小さな冒険に出かけた子猫、子どもに捕まりそうになったり、車に轢かれそうになったり、ハラハラドキドキする場面が続きます。大きな犬とにらみ合いになった子猫は、木の上に避難します。でも、犬が木の下で頑張っていて降りられない。大ピンチです。そこへ、頼もしい母猫が助けに現れます。人間でも、動物でも、母は強し!

    くららさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。