本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

かえるのごほうび

絵巻「鳥獣人物戯画」より

平安時代の動物たちが動き出す!鳥獣戯画の絵本

うさぎと蛙が相撲をとったり、うさぎが猿を追いかけたりと躍動感のある線でユーモラスに描かれた絵巻「鳥獣戯画」。世界に誇る国宝だが、実は謎に満ちている。詞書(ことばがき)もなく、継ぎ接ぎだらけなので、誰が何のために描いたどんな話なのか、よくわかっていない。木島始は、子どもたちが楽しめるように絵を心にしみこませ、物語を立ち上がらせた。物語として、自然に素晴らしい絵を楽しめる一冊になっている。幻の絵本(1967年刊行作品)の新装復刊。

  • 読んであげるなら

    5・6才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

木島 始 作 / 梶山 俊夫 レイアウト
カテゴリ : 絵本
定価 : 1,540円(税込)
ページ数 : 32ページ
サイズ : 22×31cm
初版年月日 : 2021年03月20日
ISBN : 978-4-8340-8561-7
シリーズ 日本傑作絵本

その他の仕様 +

みんなの感想(7件)

  • 鳥獣戯画を手元で楽しめて、動物達の豊かな表情をじっくりと見入ってしまう。実に上手に、おはなしをつけたと思う。元祖絵本であり、アート作品でもある。

    山田 祐子さん

  • 自分が鳥獣戯画が好きで自分の為に購入しましたが、3歳の娘も気に入ったようです。「お話はよく分からないけど言ってる事(音)がおもしろい」、特に「おきょうのところがおもしろい」と言って笑ってまねしてます。私は鳥獣戯画をじっくり眺められて嬉しいです。

    はなこさん
    お子さんの年齢:3才

  • 日本のアニメ、絵本の原点ともいうべく、鳥獣戯画が木島始文章、梶山俊夫のレイアウトによって、絵本として新装復刊されたこと嬉しく思います。新しい絵本が次々と出版される昨今ですが、900年も前の絵巻がこうした形で次の時代を担う子どもたちに引き継がれていくことに、大変な出版の意味をかみしめています。福音館書店編集者に対し、敬意を表します。ありがとうございました。

    諸岡 弘さん

  • インスタで新装版のニュースを見て、すぐに本屋さんに行き買い求めました。鳥獣戯画は断片的に「これはどういう場面だろう」と想像していたので、本書では、ひとつのストーリーとなっていて、興味深く楽しみました。今後は小学生の孫とも一緒に読みます。

    みこっこさん

  • もうすぐ2歳になる孫の本を買うつもりで入った書店で見つけ、懐かしさのあまり購入しました。確か私が幼稚園のとき、毎月園でもらう本(多分親が購入していたのでしょうが)の中に鳥獣戯画の絵本があり、それが鳥獣戯画を知るきっかけになったのを覚えていました。何度か娘にその話をしていたのですが、書店で一緒に見つけたとき娘が「幼稚園のとき読んだのってこれじゃない?」と、帯にある“54年前”の年代も一致します。この絵を好きになるきっかけとなった本とのびっくりするような再会。孫がもう少し大きくなったら読んでやろうと思います。

    Nanaさん

  • インスタで新装版のニュースを見て、すぐに本屋さんに行き買い求めました。鳥獣戯画は断片的に「これはどういう場面だろう」と想像していたので、本書では、ひとつのストーリーとなっていて、興味深く楽しみました。今後は小学生の孫とも一緒に読みます。

    みこっこさん

  • もうすぐ2歳になる孫の本を買うつもりで入った書店で見つけ、懐かしさのあまり購入しました。確か私が幼稚園のとき、毎月園でもらう本(多分親が購入していたのでしょうが)の中に鳥獣戯画の絵本があり、それが鳥獣戯画を知るきっかけになったのを覚えていました。何度か娘にその話をしていたのですが、書店で一緒に見つけたとき娘が「幼稚園のとき読んだのってこれじゃない?」と、帯にある“54年前”の年代も一致します。この絵を好きになるきっかけとなった本とのびっくりするような再会。孫がもう少し大きくなったら読んでやろうと思います。

    Nanaさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。