本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

プンスカジャム

あなたのプンスカ、ジャムにしませんか

「もう、もうもう、もうもうもう、ぼくはおこった!」小学2年生のハルは、友だちのタニくんに遊ぶ約束をすっぽかされて怒っていました。プンスカしているハルの前に「ベーカリーあんぐり」「あなたのプンスカ、ジャムにします」と書いてあるふしぎな車があらわれて、中から、あぐりさんと名乗るおばあさんが顔を出しました。ハルは、あぐりさんとプンスカジャムを作ることになりました。プンスカジャムっていったいなんでしょう。

  • 読んであげるなら

    4才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 読みもの
定価 : 1,210円(税込)
ページ数 : 64ページ
サイズ : 22×16cm
初版年月日 : 2021年09月05日
ISBN : 978-4-8340-8628-7
シリーズ 福音館創作童話

その他の仕様 +

みんなの感想(6件)

  • くどうれいんさんの絵本ということで、他県に住む娘の所へ送りました。孫二人に読み聞かせてくれたら嬉しいです。コロナが収束したら訪ねて行き、私が読んであげる事が今の楽しみ、目標です。(折り目を付けずに一度読みました。私もプンスカジャム沢山作れそうです。)

    カオルコさん
    お子さんの年齢:小学低学年

  • わたしのパートナーはよく怒ります。そして、自分が納得できるまでその怒りを手放しません。メラメラとわいてくるそれを見ながら、どうしてあげればいいのかいい答えがありませんでした。なんだ、お茶をだしてあげればいいのか、それならおいしいケーキも用意しよう。相手の行動を受けとめるという行為は、自分自身と向き合うことにもなりました。大人だからこそ、ぜいたくにたのしむことが出来ました。ありがとう。お礼に大きなパンをおくります。くどうさんのジャムをたっぷりうけとめます!! くどうさん、くりはらさん、おふたりのサイン入り本を手に入れました!! 最高だ!!

    ういちゃんさん

  • 私は「瞬間湯沸かし器」のように怒る所があります。祖父や父からの遺伝です。失敗数知れず。くどうさんの本を読んで 「本当は伝えたいことがあるから怒るのだ」 と改めて思いました。上手に怒ることは大切で修練の要ることですね。楽しく読みました。

    田辺 毅さん

  • 孫は、生後9ヶ月の時に、パパの転勤で海外に行き、その後向こうで暮らしています。ママの「読み聞かせ本」に最適と思い、この本を購入しました。P20の「まんつ まんつ ねまれのす!」は私には解りますが、ママと孫には理解できないかもしれません。また、P22の「どんぐり小学校」は宮沢賢治のワールドを彷彿とさせ、とても好ましく思えました。この本を近々、孫に向けて送りたいと思います。

    丹内 孝一さん
    お子さんの年齢:2才

  • わたしは、喜怒哀楽の中で「怒」が一番苦手です。たしかにイライラしたり怒りたくなることはたくさんあるのに、怒ることはダメなこと、と、気付いた時には思ってしまっていた気がします。そんな苦手意識のある「怒」の感情をこんなにも優しく、自然なこととして描いているこの作品、読んでいて心がほぐれていく感じがしました。わたしもたまにはドスンドスンと足音鳴らして、もう! もうもう! もうもうもう! と声に出してみよう。大切な1冊です。

    碧い花さん

  • 「怒り」はとてもワガママな感情です。何かが見えなくなっていたり、何かが聞こえなくなっていたり、プンスカ指数が急激に上昇すると大人の私ももうとまらない。アンガーマネジメント、6秒ガマンして落ちつこうなんて思ったり、甘い物食べて何とか幸せパワー注入してやりすごしています。あぐりさんの盛岡弁のおまじないは、ふふふと笑みがこぼれほっこりしました。子ども達の感想が早く知りたいな。

    ウニタロスさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。