本をさがす

キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

しんせつなともだち

ひとつのかぶが友情を紡ぐストーリー

食べものがない寒い冬のことです。お腹がすいたうさぎが、かぶをふたつ見つけました。ひとつだけ食べて、もうひとつを同じようにお腹をすかせているろばに届けますが、ろばは留守でした。うさぎはろばの家にかぶをおいていきます。家に帰ってきたろばは、かぶにびっくりします。ちょうどさつまいもを手にいれたばかりだったろばは、かぶを今度は山羊に届けます。思いやりの心をのせたかぶが、動物たちのもとをめぐる「ぐるぐる話」。

  • 読んであげるなら

    3才から

  • 自分で読むなら

    小学低学年から

カテゴリ : 絵本
定価 : 990円(税込)
ページ数 : 28ページ
サイズ : 20×27cm
初版年月日 : 1987年01月20日
ISBN : 978-4-8340-0132-7
シリーズ こどものとも絵本

その他の仕様 +

あなたへのおすすめ

  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 3才~
  • 幼年童話

    • 幼年童話
    • 小学低学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 5・6才~
  • 読みもの

    • 読みもの
    • 小学中学年~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~
  • 絵本

    • 絵本
    • 4才~

みんなの感想(16件)

  • イラストも上手だし面白かったです。かぶが色んなどうぶつに運ばれてサイゴに元のもってたこうさぎにもどっていったのが面白くて良かったです。又新しい絵本出して下さい。

    金谷 麻理子さん

  • 今日12月17日は次女の45歳の誕生日です。県の美術館に行って「しんせつなともだち」を購入して来ました。この本を初めて読んだのは、何十年も前で娘たちに読みました。長女は活字でいやされるくらい本をすごく読みましたが、病気で44歳で天国に。今日はしんせつなともだちを読んだあとに涙、涙でした。孫にプレゼントします。

    中村 節子さん

  • 菜食主義の大事さがわかった。肉じゃないのがよかった。動物のやさしさがわかった。

    穂積 貞吉さん

  • 色々な事を理解できるようになってきた息子に、良い絵本を読んであげたいと思っていた時、図書館のおすすめコーナーに置いてあり、借りてみると息子も気に入り、私自身もとても良い絵本だと思ったので購入しました。何度も読み聞かせています。友達を思いやることを心にとどめてくれていたら嬉しいです。

    だいママさん
    お子さんの年齢:3才

  • 自分のことばかりで精一杯の世の中にあって、お友だちのことを考える心、そして優しく気がつかないところで友だちの気持ちによりそう心、子どもたちの柔らかい心に暖かいストーリーがとどまるように願います。

    大原 敬さん

  • 4歳の娘が寝る前に必ず読む一冊になりました。保育園の遠足でおやつを忘れた友達に、自分のおやつを分けてあげたそうです。もしかすると、この本の影響かもしれません。

    うんちゃんさん
    お子さんの年齢:4才

  • おもしろかった!

    み~ちゃんさん
    お子さんの年齢:4才

  • わかりやすい内容と、くり返される言葉で、娘もストーリーの理解ができていたようです。知っている野菜や動物の絵にも、楽しさを感じていました。

    ゆっかさん

  • 幼稚園からおすすめされて購入しました。心温まるお話でした。相手を思いやる心を教えてくれる、冬にぴったりの絵本だと思います。

    辻瑞穂さん

  • 5歳の息子のために購入しましたが下の子が入院したので、病院へ持って行き読み聞かせしました。長いお話なので、途中集中が切れるかと思いましたが、いろいろな動物が出てくるので、最後までよく物語を聞いていました。また、大きな動物の絵があるので、それも良かったようです。

    ふりるさん

  • なつかしくなるような絵が、とても良いと感じました。ともだちを思いやる気持ちが、子ども達に伝わる作品なので、購入しました。お遊戯会にやりたいお話の候補の1つです!ストーリーの繰り返し調も、子ども達にわかりやすいと思います!

    村上桃子さん

  • 絵本が大好きな娘の3歳の誕生日に購入しました。相手の立場を想像して行動する「思いやり」を少しずつ理解してくれればと思いこの本を選びました。せっかくもらった食べ物を他者にあげるのはどうしてなのか、今の娘には全く理解できない様子で、「どうして?どうして?」と繰り返しますが、その答えが分かるまで繰り返し読んであげたいと思います。

    なおさん
    お子さんの年齢:3才

  • 読んだあとにとてもあたたかい気持ちになれる本です。いつも同じ言葉がくり返し出てくるところは、孫のお気に入りです。そして画もとても素敵ですね。落ちついた色づかい中に、何かあたたかみがあります。私が一番好きなのは、“そっと”という言葉です。それこそが本当のしんせつだと思います。

    ギンネコさん
    お子さんの年齢:3才

  • 自身が子供のときに気に入っていたので、息子にもよんであげたいと思って買いました。絵にかかれているやさいが、雪の中でとてもおいしそうだと思ってました。冬の寒さでこそ人のやさしさが、よりいっそうあたたかく感じます。絵も写実的ながら親しめて好きです。

    まつさん
    お子さんの年齢:2才

  • 季節は冬ですが、何度読んでもほんのり心が温まるお話です。「受けるより与える方が幸福である」「自分にして欲しいことを同じように他の人にもする」ということを子供に伝えられる本です。

    SHINOMOMONさん

  • やさしさに溢れている絵本で、心がすごく温かくなります。みんな十分な食べ物はないけれど、友達は大丈夫かなと思う思いやり。カブ1つとともに、友達を思う気持ちがたくさん溢れています。暖かい思いやりとやさしげな絵が冬の夜を暖かくしてくれること間違いなしです。

    さやぽんさん

  • もっとみる

    とじる

    感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。