本をさがす
キーワード
対象年齢をえらぶ
本の種類をえらぶ
シリーズ
ISBN

978-4-8340--*

検索条件を設定してください。

検索条件をクリア

かんがえる子ども

「考えることは、生きること!」 痛快エッセイ

子どもと向き合う大人たちに大切にしてほしいこととは? 「子どもは大人をよく見ている」「子どもにとっては今が大事」「自然から学ぶこと」「図画工作で伝えたかったこと」など、小さなノーベル賞といわれる、国際アンデルセン賞受賞の世界的画家・安野光雅が、ユーモアたっぷりに語ります。あふれる情報や人の意見に惑わされずに生きるにはどうすればよいかを自由な発想で綴る、「考えるヒント」がつまった痛快なエッセイです。

  • 読んであげるなら

  • 自分で読むなら

カテゴリ : 読みもの
定価 : 本体1,000円+税
ページ数 : 128ページ
サイズ : 18×14cm
初版年月日 : 2018年06月15日
ISBN : 978-4-8340-8406-1
シリーズ 福音館の単行本

その他の仕様 +

みんなの感想(1件)

  • 子どもの頃、「もりえのほん」、「はじめてであううすがくの絵本」が大好きで、何度も何度も読みました。現在社会人となり、昼休みに偶然、表紙の安野さんの絵を見て懐かしさから購入しました。読んでみると、大人になっても尚必要である「自ら考え学ぶ」や「現地に赴き直接世界や自然を感じる」といった姿勢を改めて考えさせられました。子どもだけでなくあらゆる年代の方に読んでいただきたいです。

    みーちゃんさん

  • 感想を書き込む

    福音館の最新情報

    フォローする

    • 福音館書店 facebook
    • 福音館書店 twitter
    • たくさんのふしぎ facebook
    • 母の友 facebook

    あのねメール通信の登録

    著者のエッセイや新刊情報を毎月メールで配信します。