日々の絵本と読みもの

赤ちゃんも一緒にお月見を『おつきさま こんばんは』

『おつきさま こんばんは』

秋の夜長、丸くなったお月さまにお供え物をしてお月見をする日「中秋の名月」。 月が美しく輝く日に、月の絵本を読んであげてはいかがでしょうか。

『はじめてのおつかい』『こんとあき』の作者・林明子さんが描いた赤ちゃん絵本『おつきさま こんばんは』は、ことばのリズムを楽しめるようになった赤ちゃんへ、物語絵本の入口として読み聞かせるのにぴったりの作品です。

夜になって空が暗くなると、2匹のネコがいる家の屋根の上が明るくなります。
丸いかたちがだんだんとあがってきて、姿を見せたのはお月さまです。
「おつきさま こんばんは」
ほっぺのぷっくりとしたお月さまが、こちらを見つめています。

すると、雲がやってきて、お月さまを隠してしまいます。
「くもさん どいて おつきさまの おかおが みえない」
「ごめん ごめん おはなし してたんだ では さようなら また こんど」

お月さまのじゃまをしたいわけではない雲。そこで雲が前を横切ると、お月さまの顔がふたたび見えるようになりました。お月さまは嬉しそうに笑っています。
「まんまる おつきさま こんばんは こんばんは」

お月さまや、雲とお話をするように描かれた本作では、シンプルながらドラマチックにお話が展開されます。赤ちゃんを「少しバッと驚かせたくて……」と語っていた作者の林明子さん。林さんのねらい通り、赤ちゃんが心から楽しめる要素が詰まっています。

うれしいこと、悲しいこと、やさしいお月さまの表情や、屋根にいるネコのシルエットの変化など、いろいろなことを絵本からリズミカルに感じとり、体と心いっぱいで物語を楽しむことができることでしょう。

そして、裏表紙に描かれているお月さまがユニークな表情をしているので、そちらにもぜひ注目してみてくださいね。今年の「中秋の名月」では、作品に出てくるお月さまのような、きれいな月が見られるといいですね。

担当・H
『おつきさま こんばんは』の英語版『Good Evening Mr.Moon』が10月15に刊行されます。訳はロバート・キャンベルさん。ぜひこちらもあわせて読んでみてくださいね。

2020.10.01

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

記事の中で紹介した本

関連記事