junaida絵本地図

書店員さんからの応援コメント

2020年 12月2日(水)刊行

怪物園 junaida

ストーリー

ぼくらの街に、怪物たちが、やってきた

「怪物園」挿絵01

お城なのか生き物なのか、
怪物園は、たくさんの怪物たちをのせて
長い長い旅を続けています。
ある静かな夜のこと、
怪物園がうとうとしたすきに、
明け放しの玄関から、怪物たちが
外の世界へと抜け出しました。

「怪物園」挿絵02

怪物園から抜け出した怪物たちは、
街までやってくると、通りを
行進しはじめました。
そのとき、家の中で子どもたちは……。

Specialスペシャルコンテンツ

Campaignオリジナル怪物大募集!

みんなのオリジナル怪物大募集!

Topics新刊トピックス

Aboutjunaidaについて

junaidaについて junaida(ジュナイダ)

1978年生まれ。画家。2010年、京都・荒神口にHedgehog Books and Galleryを立ち上げる。『HOME』(サンリード)で、ボローニャ国際絵本原画展2015入選。近著に、『THE ENDLESS WITH THE BEGINNINGLESS』『LAPIS・MOTION IN THE SILENCE』(ともにHedgehog Books)、宮澤賢治の世界を描いた『IHATOVO』シリーズ(サンリード)、『Michi』『の』(以上福音館書店)、装画・挿絵の仕事に『せなか町から、ずっと』(斉藤 倫 作/福音館書店)などがある。 junaida公式ホームページ junaida.comへ→

Booksjunaidaの絵本

の

「の」書影

ストーリー

「の」は不思議

「の」ページ

「の」は、いつもことばとことばのすきまに
こっそりいます。
けれど、この「の」が持っている魔法の力で、
ことばとことばが思いがけない出会いをしたとき、
そこには見たこともない景色があらわれ、
聞いたこともない物語がはじまります。
「わたしの お気に入りのコートの
 ポケットの中のお城の
 いちばん上のながめのよい部屋の……」。
不思議な「の」に導かれ、時間も空間もこえた、
終わらない旅に出かけてみませんか。

Specialスペシャルコンテンツ

Michi

「Michi」書影

ストーリー

ひとすじの道、
そして幾千の物語

「Michi」ページ

絵本の扉を開くと、背中を向け、
足を踏ん張って立つ子ども。
小さな一歩を踏み出そうと決心した
その行く手には、まっ白な道が
どこまでものび、その先には、
ふしぎな町の数々が、待ち受けていました。
最初のページ、最後のページ、
どちらからめくっても楽しめる
字のない絵本です。
絵本の子どもたちと一緒に
美しい町を旅して、秘められたたくさんの、
そして自分だけの物語を見つけてみてください。

『Michi』受賞歴

  • 第53回造本装幀コンクール・日本書籍出版協会理事長賞(児童書・絵本部門)受賞
  • 第12回MOE絵本屋さん大賞2019・第7位

Specialスペシャルコンテンツ

Newsjunaida最新情報